誰にもバレずにお金を借りる!すぐ借りたいNAVI

【今すぐお金借りれる方法とは】

即日融資でお金を借りる方法、必要書類、申込条件、審査(在籍確認)について、無利息借入、返済方法、免許証だけでお金を借りる方法など、スムーズにお金を借りれる方法を徹底解説!

365日24時間スマホからお申込みOK!

※自動契約機で契約&郵送物なし指定にする

【目次】

誰にもバレずにお金を借りる方法
即日融資でお金借りれる消費者金融
銀行で低金利でお金を借りる方法
カードローン申し込み必要書類と申込条件とは
審査/在籍確認について
免許証だけでお金借りれる方法とは
無利息でお金借りれるカードローン
便利な返済方法とは

お金借りれるランキング

【とにかくスピード重視】

急いで借りたい!安心の大手銀行系

 プロミス

安心大手で低金利!急いでいる時は断然この1社!

土日・祝日、その日に借りたい場合

ネット申込&審査通過後に最寄の自動契約機で最短即日融資も可能!
自動契約機は22時まで利用可能!(一部21時まで)
自動契約機でのカード受け取りなら基本的に自宅に郵送物は届きません。



 アコム

来店不要で即日融資!大手銀行系特有の対応力が魅力



アイフル

東証一部上場のアイフルなら即日融資も可能!


銀行借りれるランキング

イオン銀行アシストプラン

原則300万円以下の融資は収入証明書不要!



イオン銀行カードローン

最大800万円までOK!大口ローンならこちら!



 じぶん銀行カードローン

書類提出が原則不要!簡単ネット完結!


1.誰にもバレずにお金を借りる方法とは

誰にもバレずにお金借りる流れ

【1】スマートフォン、PC、ケータイから来店不要でWEB申込
【2】審査&回答をメールか電話で受け取る
【3】無人契約機/自動契約機で契約&カード発行

※その場で、備え付けのATMからお金を引き出すorカードを使って提携コンビニATMや提携銀行atmからお金を借りる

人にバレずにお金借りるならインターネット申し込みがベスト

来店不要で24時間365日申込OK
電話申込み、店頭申し込み(店舗申込み)、自働契約機申込(無人契約機申込み)、郵送申し込みと、カードローンの申し込み方法はたくさんありますが、受付時間の縛りもなくいつでも気軽に、誰にも会わずに利用できるのが、インターネット申込み方法です。
営業時間が決まっている店頭窓口や自動契約機などとは違って、Web申込みなら、曜日や時間も関係なく、スマートフォン、パソコン、携帯電話から来店不要で24時間365日いつでも申込みできるので、土曜日キャッシング、日曜日キャッシング、休日キャッシング(祭日、祝日キャッシング)も可能です。

自動契約機だと待ち時間がネック
無人契約機でも申込み自体も行っていますが、審査申し込みをしてから審査結果が出るまでのあいだを、その場で待たなければならないため、ロスタイムが発生してしまいます。Web申込みなら、あらかじめインターネットで申込みをしておくことで、審査結果を聞いてから、契約とカード発行部分だけを無人契約機で処理できるので、無駄な待ち時間がありません。

家族・職場の上司や同僚・友人知人にバレないためのポイント

【カードローン申込方法】インターネット申込み
【審査結果の連絡】メールか携帯電話指定
【カード受取方法】自動契約機で受け取り
【明細確認方法/明細受取方法】Web明細
【借入方法】カードでATMからお金を借りるor振込みキャッシングで自分の口座に直接振込

※審査の過程で会社への在籍確認のために電話がかかってきますが、その際にはカードローン会社名ではなく担当者個人名で電話がかかってくるので、職場の上司や同僚にはバレません。


2.即日融資でお金借りれる大手消費者金融とは

大手消費者金融でお金を借りるメリットとは

  • 即日融資で今すぐにお金借りれる
  • 土日休日でも審査受付をしていて申込日当日にお金借りれる
  • スマホ、パソコン、ケータイからインターネットで24時間365日申込める
  • 審査に自信がなくても申し込める
  • 来店不要のWEB完結申込なら誰にもバレずにお金借りれる
  • スマホアプリが充実している
  • 初めてお金を借りる際に無利息キャッシングできる場合がある(プロミス、アコム等)
  • 振込キャッシングや提携コンビニATMや提携銀行atmなど借入方法が充実している
  • お金に余裕があるときは自由に返済できるので利息調整が可能(繰上返済すると最終的な支払利息が減る)

大手消費者金融とは

安心!大手の消費者金融
担保や保証人が不要で借入目的が限定されず、借入限度額の範囲内で何度でもお金を借りれるカードローンのなかでも、審査スピードや融資速度が早く、申し込み日当日でもスムーズにお金借りれるのが大手消費者金融のカードローンです。
消費者金融というとむかしは金利も高く借金に追われて破産してしまう…などのブラックなイメージもありましたが、貸金業法が改正され上限金利が引き下げられてから、利息の負担が軽減され、テレビCMなどでもおなじみの大手の業者も増えてブラックなイメージも払拭されています。
消費者金融は総量規制の対象です
消費者金融は、原則として年収の3分の1を超える借り入れを禁止するといった総量規制の対象となっていますので、希望金額が高額の場合にはお金を借りれない場合があります。
借入限度額について、年収の3分の1を超える借入れをしたいときには、銀行カードローンを利用するなど、希望額によって柔軟に借入先を変えるのも良いかと思います。
また、専業主婦の方や学生さんなどでご本人に収入がない方は「年収の3分の1」の金額がないため、消費者金融から融資を受けることはできませんが、アルバイト・パート・契約社員・派遣社員・主婦の方でも安定した収入があれば消費者金融でのキャッシングが可能です。
消費者金融は大手業者が安心
専業主婦の方や無職で収入がない方やブラックリストに載った方でも掲示板でお金借りれる方法があると言われていたり、掲示板の口コミなどで審査が通らない方や審査が甘いほうが良い方は、アロー、フクホーなどの中堅消費者金融に申し込みしてみると良いのでは…といった話も耳にしますが、会社としての規模を考えても、プロミス、アコム、アイフル、モビットといった誰もが知っている大手消費者金融とは安心感も違いますので、避けられたほうが心配もないかと思います。
なかには、ブラックリストでもお金借りれる…といった話もありますが、そちらはまったくもってオススメできません。まずは、安心安全な大手消費者金融からTRYしていきましょう!

※審査の過程で会社への在籍確認のために電話がかかってきますが、その際にはカードローン会社名ではなく担当者個人名で電話がかかってくるので、職場の上司や同僚にはバレません。


審査回答最短30分や最短1時間融資も可能!平日夜土日休日もOKなカードローン


即日融資でお金借りれるランキング

3.銀行で低金利でお金を借りる方法

銀行や信用金庫や消費者金融など、あらゆる金融機関などでお金を借りる方法はたくさんありますが、そんななかでも低金利でお金を借りるなら銀行カードローンがダントツです。
最近では、貸金業法の改定によって上限金利が下がったことから消費者金融でもだいぶ低金利化が進んでいますが、やはり長期間借り入れをするときや大口借入のときなどは、ちょっとした金利の差が大きくなって負担となります。さらには銀行ならではの安心感を得たい!信頼度が欲しい!という方には銀行カードローンが最適です。
銀行カードローンは消費者金融と比べて審査に時間がかかる、インターネット申し込みなら来店不要で24時間365日いつでも申し込めますが、肝心の審査対応時間が短い、土曜日・日曜日・休日・祝日・祭日の申し込みや土日は審査が対応していないのでは…といったデメリットもありましたが、最近では銀行カードローンでも即日融資も可能になっています。
また、カードローンなら銀行の営業時間が終わった15時以降や夕方、夜間、土曜日、日曜日、休日(祝日、祭日)でもお金を借りることができるので助かります。


銀行でお金借りれるランキング


4.カードローン申し込み必要書類と申込条件とは

カードローン必要書類

本人確認書類

運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、個人番号カードなどの顔写真がついている公的証明書
※外国籍のお客様はあわせて在留カードまたは特別永住者証明書の提出も必要です

健康保険証など顔写真つきの証明書がない際には、住民票、公共料金の領収書(電気、ガス、水道、固定電話(※携帯電話は不可)、NHK等)、納税証明書などもあわせて提出してください。

収入証明書

源泉徴収票の写し、所得証明書の写し、確定申告書の写し、給与明細書の写し、税額通知書の写しなどの現在の収入を証明する書類

収入証明書は借り入れ業者によって提出の基準が異なりますので、実際に申し込みを行う際に必要書類をチェックしてください。
銀行の場合には、おまとめローンや大口ローンなどの借入希望額が大きめの場合に提出が必要となります。
消費者金融の場合は、希望借入額が50万円を超える際や、希望の借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える際に、収入証明書の提出が求められます。


カードローン申込み条件

年齢制限(満20歳以上〜上限年齢は業者によって異なります)
継続的に安定した収入がある方
日本国内にお住いの方

ここでいう「安定した収入」とは、決して高収入ということはではなく、「お勤めをしていて継続して安定した収入を得ている方」という基準です。
たとえ同じ「年収」でも、数ヶ月だけでいっぺんに収入を得て残りの月は無収入の方は審査に通らない可能性が高く、月々のお給料が少なめでも毎月コンスタントに安定した収入のある方のほうが審査に通りますのであきらめずに申込みを行いましょう!


5.審査/在籍確認について

審査について

カードローンの審査については
(1)年齢制限を満たしていること
(2)継続的かつ安定した収入があること
といった申込み条件をクリアしていることが大前提となりますが、大きなカギとなるのが、審査基準を満たしているかです。
この審査基準で重要なのが、与信スコアリング(属性スコアリングと信用情報スコアリング)です
スコアリングとは、審査を受ける申込者の情報を数値化したもので、下記のような内容が含まれます。

属性スコアリン:年収、勤務先、勤続年数、雇用形態、健康保険証の種別、住居の形態、居住年数、家族構成など

信用情報スコアリング:過去〜現在の取引の実績や期間、返済履歴、今現在の借入残高、他社借入件数など

ブラックリストとは

カードローンに関する審査に通るか?審査に落ちるか?の判断でよく耳にするのが「ブラックリストに載っていたら審査に通らない」といった言葉です。
このブラックリストに載るとは、真っ黒なリストに名前が載っている…わけではなく、実際にはブラックリストと言われるものがこの世に存在するわけでもなくて、カードローンやクレジットカードの審査を行う際に参考とする信用情報機関に、返済延滞や債務整理の記録…といったような金融事故情報が登録されている状態が、いわゆるブラックリストに載っていると表現されているのです。
過去にこういった登録がされている場合でも一定期間過ぎれは記録は削除されますが、申込み時点で事故情報の登録があると、カードローン審査にも影響が出てきます。


在籍確認について

・申込情報に基づき職場への在籍を確認するため勤め先に電話がかかってくる
・消費者金融の場合は、「プロミス」「アコム」「アイフル」「モビット」といった会社名は名乗らず担当者の個人名で電話がかかってくるので、電話を受けた会社の同僚や上司にバレずに安心

※銀行の場合は銀行名でかかってくるので、個人名で名乗るのを希望する方は、審査の段階でその旨お願いしておきましょう

大手カードローン会社の審査の過程において、職場への在籍確認は避けて通ることはできません。
なかには審査不要でお金借りれるといったふれこみや広告などもありますが、借りれる金額が少額で限られてしまったり、そもそもその会社自体がブラックだったり…と、不安要素があるため、仕事先への在籍確認を含めてカードローンの審査に通る方法を考えたほうが安心ですし建設的です。
在籍確認については、電話がかかってきてもカードローン利用がバレることはないので、インターネットで申し込みをする際に職場の電話番号を入力し間違えないようにする!といった点をしっかり確認して、確実に在籍確認が行えるように対応しましょう!

※会社の電話番号を誤ってしまい、在籍確認ができないと虚偽の内容で申し込みをしたと判断され、審査に落ちてしまう場合があるので、注意が必要です


6.免許証だけでお金借りれるカードローンとは

フリーキャッシングを申し込む際には、顔写真入りの本人確認書類の提出を求められますが、そのなかでも多くの業者が本人確認書類として運転免許証を指定しているので、ほとんどの会社で免許証だけでお金を借りることができます。
ただし、借入限度額によって収入証明書が必須なので、ご注意ください。

消費者金融でお金借りるなら借入金額がカギ

消費者金融では、貸金業法改正により個人の方の借入総額が原則として年収などの3分の1までに制限されるといった総量規制の対象であるため、下記の借入金額条件によって収入証明書の提出が必須です

・1社での希望借入額が50万円を超える方
・希望の借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える方

※その会社での借入希望額が40万円借りたい場合(50万円以下)でも、すでに他社で合計70万円キャッシングしているなら、総額100万円を超えてしまうので、収入証明書が必要です

銀行カードローンならほとんどの業者で借入可能

銀行は総量規制の対象外となっていることもあり、収入証明書の提出には柔軟です。
借入希望額が100万円を超える場合、200万円を超える場合、300万円を超える場合…といったように、おまとめローンなどの大口借入などでなければ、本人確認書類である運転免許証だけでお金を借りることができます。


7.無利息でお金借りれるカードローンとは

初めてお金借りるなら無利息キャッシングを狙う

「初めてプロミスを利用する方で、Eメールアドレスを登録のうえ、Web明細を利用すると30日間無利息サービスが受けられる」「アコムではじめて契約する方で返済期日を35日ごとで契約した方は30日間利息0円サービスOK」「初めて新生銀行カードローンで契約をした方は、5万円まで180日間無利息or30日間無利息でお金借りれる」など、一定条件を満たすと、無利息でお金を借りることができるカードローンがあります。
いずれもそのカードローン会社をはじめて契約した方が対象となりますので、初めてお金を借りる方はこういった無利息キャッシングサービスを行っている大手カードローンを利用するとオトクです。


無利息キャッシングのある大手カードローン


8.便利な返済方法とは

選べる返済方法をチェック

店頭窓口や店舗ATMにて返済
口座振替で返済
提携コンビニatmや提携銀行ATMで返済
銀行振込による返済
スマホ、パソコン、ケータイで返済

※カードローンの返済方法には、さまざまな方法がありますので、ご自身のご都合にあった返済方法を利用しましょう。
振り込み返済やコンビニ返済だとうっかり返済手続きを忘れてしまうという方は、口座振替で自動返済設定をしておくと、返済忘れもなく便利です。


早めに返済すれば利息負担が減る

カードローンというと、借入目的が限定されず保証人や担保不要で気軽に利用できるのがメリットですが、利息がかかってしまうのがネックといえます。
カードローンでは返済期日が決まっていて、毎月コンスタントに返済していきますが、お金に余裕ができたときに一括返済または一部返済を行えますので、その分、どんどん支払い利息が減っていきます。
「無理のない返済額」として、借入金額に対して最低返済金額が少額のカードローンもありますが、その分、返済回数や返済期間が長くなることによって結果的に支払う利息が高くなってしまう場合がありますので、お給料日前で一時的に借りた方や、臨時収入が入った方などは、サックリ返済してしまうのも利息を減らす手段です。


返済に関する相談はお電話で!

もしも返済期日に遅れてしまいそうな場合や、あらかじめ返済額や支払利息を知りたい場合、返済日を変更したいなど、返済に関する相談がある際やなにかお困りの際には電話などで相談することができます。
また、返済日を忘れそうで怖い!といったときには、返済期日前にメールでお知らせがくる設定をしたりと、便利な会員サービスも充実していますので、ご安心ください。


条件別ランキング

「お金借りれる」【2大条件】


すぐにお金借りたい時のポイント

お金借りれる方法のなかでも人気が高いのが『 低金利で銀行からお金を借りる方法 』や『 即日融資で大手消費者金融からお金を借りる方法 』です。
こちらでは申し込み条件、必要書類、お金を借りる流れ、ランキングや、銀行・大手消費者金融からお金借りれる方法について具体的な情報を公開しています。

銀行と消費者金融の比較

審査速度 金利 審査 総量規制
▼ 銀 行
低金利
重視
★★★☆☆
普 通
★☆☆☆☆
低 め
★★★★☆
厳しめ
対象外
年収の3分の1以上OK
▼ 消費者金融
スピード重視
★★★★★
早 め
★★★★☆
高 め
★★☆☆☆
柔軟性あり
対 象
原則年収の3分の1まで

※こちらは業界全体のタイプ別一覧です。会社によって詳細が異なりますので、ご利用の際には個別にご確認下さい


お金を借りれる会社一覧

同時にお申込みをする際は、最大3社までがベストです(ご融資の確実性を上げるため)
休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
アイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★☆☆
イオン銀行カードローンBIG 3.8% 〜 13.8% 800
万円
★★★☆☆
イオン銀行イオンアシストプラン 3.8% 〜 13.5% 30〜700
万円
★☆☆☆☆
オリックス銀行カードローン 1.7% 〜 17.8% 最高
800万円
★★★☆☆
じぶん銀行 2.2% 〜 17.5% 800
万円
★★★☆☆

カードローンでお金を借りる方法

カードローンでお金を借りるためには、まずサービスを利用したいキャッシング会社とカードローン契約をします。
初めてお金を借りる場合でも、シンプルで簡単な手続きで済むのも人気の秘密です。

ネット申込でスムーズキャッシング

インターネット申込のメリット
24時間いつでもどこでも申し込める
パソコン、スマホ(スマートフォン)、ケータイから気軽に申し込める
電話やメールで審査結果が届く
来店不要で申し込める
24時間いつでも受付をしているインターネット申込なら審査回答最短30分など即日融資が可能で、iPhoneやGALAXYなどのスマホやパソコン、ケータイなどでも気軽に申し込みできるのが魅力です。 たとえば、夜中に申し込みをしておくことで、通常スケジュールであれば最短で翌日の午前中には審査のうえ、 メールや電話で審査回答が届きますので、そのまま契約手続きに進めばその日のうちにお金を借りることも可能です。 場所や時間に縛られずに申込手続きができるのが嬉しいですね。

自動契約機カード発行で即日融資

自動契約機利用のメリット
本人確認書類提出などの契約手続きが簡単に行える
すぐにカード発行ができる
審査結果が出るまでの無駄な待ち時間がない(契約手続き、カード発行だけできる)
カードがあることで全国のATMや提携コンビ二ATMで気軽にお金を引き出せる
スムーズな契約手続きやカード発行方法として、自動契約機での手続きがあげられます。 自動契約機では、審査申込、契約手続き、カード発行などが行えますが、あらかじめインターネット申込などで審査結果を確認し、 カードの受け取りを自動契約機受取に指定しておくことで、都合の良い時に自動契約機でカード発行ができます。 インターネット申込(審査結果を確認したうえで)→自動契約機で契約手続き&カード発行を行うことでスムーズにカードローンを利用できます。 なお、自動契約機での申し込みも可能ですが、自動契約機で申込&契約手続き&カード発行をした場合は、 審査申込から審査結果が出るまでに“待ち時間”が発生してしまうため、万が一審査に落ちた場合には無駄な待ち時間となってしまいます。 インターネット申し込みで手軽に申し込みをしたあとに、審査結果を確認した上で自動契約機で続きの手続きをすれば、ムダが省けます。

お金を借りる方法を選ぶポイント

銀行でお金を借りたら良いのか、大手消費者金融からお金を借りたら良いのか、 それぞれのお金の借り方の特徴やメリットがわからないと判断がつきにくいものです。 単純に「低金利でお金を借りたいから必ず銀行からお金を借りる」「即日融資でお金を借りたいから 必ず大手消費者金融で借りる」と決められれば良いのですが、状況によっては最適な方法が変わることも…。 お金の借り方の判断に迷う時には、希望の状況を考慮したベストな方法でお金を借りると良いのではないでしょうか。

お金借りるコラム
上手に使うとキャッシングとは便利です
キャッシングは金利が高くて利息が膨らんでしまうので恐ろしいと思っている方がおられるでしょう。 実際のところ、キャッシングは自分に合った目的で返済を考慮して借り入れる分には怖いものではありませんし恐れるものでもありません。 そもそもキャッシングとは上手に、そして適正にお付き合いするならとても便利で重宝する存在であり、 恐れる必要など全くないものなのです。 当然のことですが、とても自分の収入範囲では返済できるはずのないような大きな金額を一度にキャッシングするなら、 返済できなくなるでしょうし利息もどんどん膨らんでしまいます。 ですが、キャッシングとは自分の毎月のお給料に見合った金額を借り入れて、 無理なく返せるプランをきっちりプランニングするなら、日常生活を豊かにする強い味方となってくれるのです。 実際多くの人は金利計算が苦手なためご存じない方が多いのですが、数万円程度のキャッシングで発生する一日あたりの利息はびっくりするほど小額です。 誰でも給料日直前に数万円が急に必要になって、財布に入っているお金では足りなくて困ったという経験がおありでしょう。 そういう場面でたとえば4万円借りたとします。 翌々日の給料日に給料をもらって即キャッシングした4万円を返済すれば、 キャッシングの会社によって多少の利息に開きはありますが100円未満の利息しか付かないのです。 自分の銀行口座からATMを使って預金を引き出しても、ATM利用料がかかるならキャッシングの方が結果的に割安になる、キャッシングとは賢く使うとお得で便利なのです。

トップへ戻る