アイフルでお金を借りる

アイフルでお金を借りる

実質年率 4.5%〜18.0% 限度額 500
万円
保証人 不要 最短
即日融資

お申込み・ご契約方法

パソコン、携帯電話、スマートフォンによるWeb契約申込み ※1

※1 インターネットでは24時間365日申込みを受付しています。


店頭窓口による申し込み ※2

自動契約機による契約申し込みなど ※2

※2 今すぐにお金を借りたい場合は、インターネット申込みを行った上で電話連絡をしたり、窓口や自動契約機で契約をすると、待ち時間もなくスムーズです。


条件別でお金借りれる

【2大条件】 すぐ借りたい OR 銀行

お金を借りれる会社一覧

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
アイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★☆☆
三井住友銀行 4.0% 〜 14.5% 最高
800万円
★★★★☆
新生銀行カードローン レイク 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★★☆
イオン銀行カードローン 3.8% 〜 13.8% 10万円〜800万円
(10万円単位)
★★★☆☆
オリックス銀行カードローン 1.7% 〜 17.8% 最高
800万円
★★★☆☆
じぶん銀行 2.2% 〜 17.5% 800
万円
★★★☆☆

お金を借りれる▽金融辞書▽

歴史があり便利なアイフルの店舗/ATMの案内の活用方法とは

消費者金融会社でも有名なアイフルはキャッシングなどを行っており、多くの無人契約機やATMなどがあり便利です。 キャッシングを申し込む方法は無人契約機から申し込む方法が主流でしたが、最近では自宅などでインターネットから申し込む方法が主流になりつつあります。 インターネットからは24時間申し込みができるために、仕事が忙しい時にも気軽に申し込めます。 アイフルは全国でも有名で歴史がある消費者金融会社であるために、 多くの店舗があるために疑問点などを聞くことも可能です。 初めてキャッシングを利用する場合には、金利やサービス内容を比較しながら自分に適した方法を考えてから申し込みをしましょう。 返済方法は一括払いやリボルビング払いなどがあり適切な方法を選ぶことが望ましく、返済シミュレーションなどを活用しながら無理の無いプランを選ぶことが大事です。 店舗やATMは全都道府県にあるために、出張に地方に出かけるときにも活用することができ現地で利用することが可能ですよ。 支払う金額をできるだけ安くするには利息が発生する日数を少なくする方法が望ましく、 出張先で提携するコンビニなどを活用して返済する方法も有効であり利用者に適したプランを選ぶようにしてください。 店舗が近くにない場合には自動契約機などでも利用できインターネットからでも分からないことなどを気軽に相談でき、 場所を選ばずに気軽に利用できるために疑問点などを気軽に相談して生活の役に立てることが便利でしょう。

昭和42年創業のアイフルの歴史とは

消費者金融を代表する貸金業者の一つに、アイフルが挙げられます。 テレビコマーシャルで、有名なタレントが起用されているので、おなじみの方も多いのではないでしょうか。 アイフルの歴史は、昭和42年に遡ります。 日本は高度成長期の時期でもあり、この時期に福田吉孝が消費者金融として個人で経営を始めました。 昭和53年に資本金900万円で、京都市左京区に株丸高を設立後、昭和57年には大朝、山勝産業、丸東を吸収合併することに成功し、5億の資本金を持つ大企業にまで発展しました。 この時に現在のアイフルに社名が変更されることになりました。 平成9年のには、日本証券業協会に株式を登録後は、翌年度には東証券第二部、大阪証券第二部に上場しています。 その後、平成12年度には、東証券第一部、大阪証券第一部にまで上場してます。 一時無理な取り立てなどが社会的問題となり、行政処分を受けた時期があり、これによって債務総額が3000億円にも及ぶ結果となりました。 平成21年度に事業再生を行い、平成23年度にはシティズとライフを吸収合併しています。 現在は事業を縮小化しており、適正利子での貸付業務を行っています。 企業理念についても、平成19年度に大きくあらため、社会からの信頼を得るための企業として理念を見直しています。 一度社会的打撃を得て、倒産の危機がありましたが、現在は誠実な企業を目指して、社会からの支持を得ることをモットーに再建された企業でもあります。

トップへ戻る