新生銀行カードローン レイクでお金を借りる

新生銀行カードローン レイクでお金を借りる

実質年率 4.5%〜18.0% 限度額 500
万円
保証人 不要 口座開設 不要

お申込み・ご契約方法

パソコン、携帯電話、スマートフォンによるWeb契約申込み

※ インターネットでは24時間365日申込みを受付しています。

お電話による契約申し込み
自動契約機による契約申し込み
郵送による契約申込み


条件別でお金を借りる

【2大条件】 すぐ借りたい OR 銀行

お金を借りれる会社一覧

同時にお申込みをする際は、最大3社までがベストです(ご融資の確実性を上げるため)
休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
アイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★☆☆
三井住友銀行 4.0% 〜 14.5% 最高
800万円
★★★★☆
新生銀行カードローン レイク 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★★☆
イオン銀行カードローン 3.8% 〜 13.8% 10万円〜800万円
(10万円単位)
★★★☆☆
イオン銀行イオンアシストプラン 3.8% 〜 13.5% 30〜700
万円
★☆☆☆☆
オリックス銀行カードローン 1.7% 〜 17.8% 最高
800万円
★★★☆☆
じぶん銀行 2.2% 〜 17.5% 800
万円
★★★☆☆

お金を借りれる▽金融辞書▽

最新貸付後残高ってどういう意味?

カードローンを使ってATMなどでキャッシングをすると、利用明細書に「最新貸付後残高」という欄があるのを見たことはないでしょうか。 これは、今さっきしたばかりの借り入れの残高を含んだ、最新の残高を意味しています。 このように最新といった文字が出てくるのは、カードローン特有の特徴があるためです。 たとえば、一般的なローン、住宅ローンや教育ローン、ブライダルローンといったものは、融資の実行は一度で終わります。 最初にまとまったお金を借り入れて、あとはひたすら返済していくだけになるでしょう。 これに対してカードローンの場合には、最初に利用限度額という、ここまで借り入れできるという枠を設定します。 その枠の範囲内であれば、少しずつ、何度でも借り入れができるため、最後に借りた借り入れ分を含めた最も新しい残高を表示する必要が出てくるのです。 また、単に何度でも借りられるだけでなく、その間にも月に一度は約定返済日がやってきて一定額の返済を行います。 さらに、ご自身のお金の余裕がある時には、ATMを使って一部返済や全額返済なども可能です。 つまり、借り入れと返済を繰り返せば繰り返すほど、今どれくらいの借入残高があるのか把握しにくくなってしまいます。 そのため、最新貸付後残高を示し、最新の借り入れ状況を示すとともに、利用枠からその金額を差し引くことで、あといくらまで借りられるのかの目安が分かることに繋がるのです。 まだ借りられると思ったら、枠がなかったということにならないためにも、常に最新貸付後残高を把握しておきましょう。

トップへ戻る