イオン銀行の歴史とは

スーパー業界大手が運営するイオン銀行の歴史

1990年代に行われた金融の自由化ビッグバンにより銀行業界にも様々な新しい顔ぶれの異業種からの企業が参入してきました。
その中で、銀行としては無店舗経営ながらも、元々全国各地に販売店を展開していたことから、他社からの間借りではなく、自前のATMコーナーを展開しているのが、大手スーパーのイオンが運営するイオン銀行です。
イオンといえば、イオンやイオンモール、ジャスコなどのスーパーのほか、コンビニのミニストップも系列グループに収める流通小売業界では業界2位の規模を誇る企業グループです。
近年では傘下に収めたダイエーグループ各店にも専用ATMの設置を進めています。
またイオンが経営する巨大ショッピングモールなどにもインストアブランチとして有人の相談窓口を設置しており、個人向け融資にも注力を始めました。
イオン銀行は、他の異業種参入組と違い、既存の経営難に陥った銀行を買収したのではなく、ゼロから立ち上げ、自力で新たな銀行業免許を取得した会社です。
その準備として2006年に準備会社を設立し、2007年10月に免許取得と同時に営業を開始しました。
開業してわずか3か月の間に投資信託の仲介やカードローン、住宅ローンなどの個人向け融資、それに医療保険・がん保険代理店業まで取扱を開始しています。
特に流通業界が経営する銀行業の利便性を鮮明にしたのが2009年に開始したイオンカードセレクトでしょう。
これはイオン傘下の信販会社イオンクレジットサービスのクレジットカードとイオン銀行のバンクカード、それにイオンの電子マネーWAONを一体化したもので、WAONへのオートチャージ機能が付帯され、クレジット購入でも電子マネー購入でもイオングループでのショッピングでポイントが付与されるのが魅力です。
またこのカードの会員に対し、開始以来、普通預金金利の0.1%上乗せ特典を実施することで、預金者への利益還元も行っています。

関連ページ

イオン銀行の店舗・ATMの案内
イオン銀行は、土日祝日だけに限らず、年末やお正月、ゴールデンウイークにも営業されており、毎日午前9時から午後9時まで利用できるため、夜遅い時間であっても利用することができるようになっています。
ジャパンネット銀行の歴史とは
ジャパンネット銀行は、平成12年にさくら銀行や三井物産、富士通などの出資により設立され、金融庁により、新たな形態の銀行として定義されました。預金通帳はなく、ネットバンキング上の照会です。
三井住友銀行の店舗/ATMの案内
首都圏を中心に展開している銀行で、地方にも数は少ないですが店舗があるのが三井住友銀行です。こちらではネットバンキングがあり、ネットの中でも振込を行うことができるので、家にいながらにして他の自分の振り込みたい先に振込もできます。
三菱UFJニコスでお金を借りる方法とは
大手金融機関の系列である三菱UFJニコスは、クレジット会社としての信頼性も高く、安心して様々な部分で活用ができるサービスを提供しています。
三菱東京UFJ銀行でお金借りれる方法
三菱東京UFJ銀行でキャッシングするには、「バンクイック」と「マイカードプラス」があります。バンクイックは、即日融資が可能でお金を借りられる一般的なカードローンになります。
静岡銀行の商品
地域密着型の静岡銀行では場合により住宅ローンが0円になる商品があります
オリックス銀行の歴史とは
オリックス銀行はコンパクトで収益力の高い銀行をコンセプトに、店舗を持たずネット上で取引をするなど提供するサービスを特定分野に絞り、不動産投資に対する融資などの得意分野に特化した営業で知られる銀行です。
楽天銀行の歴史とは
今やネットバンキングの最大手である楽天銀行ですが、その前身となった銀行は楽天グループとは一切関係ない会社でした。意外にもその歴史は浅く、始まりは2000年だとされています。 2000年の1月、銀行事業を目的とした日本電子決済企画株式会社が設立されました。
山口銀行とは
山口県の第一地銀といえば、やまぎんの通称で親しまれている山口銀行です。その本店は山口市にはなく、ふぐで有名な下関市にあるのも特色の一つです。
トップへ戻る