山口銀行とは

堅実な県外進出を実行する山口銀行

山口県の第一地銀といえば、やまぎんの通称で親しまれている山口銀行です。
その本店は山口市にはなく、ふぐで有名な下関市にあるのも特色の一つです。
九州への玄関口の下関に拠点を構えることによって、地場の銀行がない北九州地区でも大きな影響力を持っています。
広島の第二地銀であるもみじ銀行の母体もみじホールディングスを傘下に収めることによって、広島県内にも活動地域を広げています。
現在は支店の一部を北九州銀行として分割し、山口フィナンシャルグループに山口銀行、もみじ銀行、北九州銀行の3社が子会社として存在する形になっています。
銀行の経営の安全性を示す自己資本比率は国際統一基準で平成25年3月時点で14.38%となっており、平成23年3月から1.61%上昇しています。
グループ全体でも13.34%となっており、平成23年から1.98%増の右肩上がりの成長を見せています。
この自己資本比率は国際業務を行う銀行は8%以上、国内業務のみの銀行は4%以上と定められており、単独でもグループ全体でも高い水準にあります。
銀行の格付けでもA+を獲得しています。
コンクリート産業や漁業の低迷する山口県内においても堅調な成長を続け、グループ銀行のある北九州・広島でも業績を伸ばしている山口フィナンシャルグループです。
2014年2月には経営者の個人保証を必要としない融資「やまぎんの太鼓判」を商品化するなど、第一地銀として地域中小企業の発展を目指す取り組みも行っています。
もみじ銀行、北九州銀行も同様商品を販売しており、グループ全体で地域経済発展の後押しをしております。

関連ページ

イオン銀行の店舗・ATMの案内
イオン銀行は、土日祝日だけに限らず、年末やお正月、ゴールデンウイークにも営業されており、毎日午前9時から午後9時まで利用できるため、夜遅い時間であっても利用することができるようになっています。
イオン銀行の歴史とは
銀行としては無店舗経営ながらも、元々全国各地に販売店を展開していたことから、他社からの間借りではなく、自前のATMコーナーを展開しているのが、大手スーパーのイオンが運営するイオン銀行です。
ジャパンネット銀行の歴史とは
ジャパンネット銀行は、平成12年にさくら銀行や三井物産、富士通などの出資により設立され、金融庁により、新たな形態の銀行として定義されました。預金通帳はなく、ネットバンキング上の照会です。
三井住友銀行の店舗/ATMの案内
首都圏を中心に展開している銀行で、地方にも数は少ないですが店舗があるのが三井住友銀行です。こちらではネットバンキングがあり、ネットの中でも振込を行うことができるので、家にいながらにして他の自分の振り込みたい先に振込もできます。
三菱UFJニコスでお金を借りる方法とは
大手金融機関の系列である三菱UFJニコスは、クレジット会社としての信頼性も高く、安心して様々な部分で活用ができるサービスを提供しています。
三菱東京UFJ銀行でお金借りれる方法
三菱東京UFJ銀行でキャッシングするには、「バンクイック」と「マイカードプラス」があります。バンクイックは、即日融資が可能でお金を借りられる一般的なカードローンになります。
静岡銀行の商品
地域密着型の静岡銀行では場合により住宅ローンが0円になる商品があります
オリックス銀行の歴史とは
オリックス銀行はコンパクトで収益力の高い銀行をコンセプトに、店舗を持たずネット上で取引をするなど提供するサービスを特定分野に絞り、不動産投資に対する融資などの得意分野に特化した営業で知られる銀行です。
楽天銀行の歴史とは
今やネットバンキングの最大手である楽天銀行ですが、その前身となった銀行は楽天グループとは一切関係ない会社でした。意外にもその歴史は浅く、始まりは2000年だとされています。 2000年の1月、銀行事業を目的とした日本電子決済企画株式会社が設立されました。
トップへ戻る