銀行系キャッシングとは

使いやすくなった銀行系キャッシング

銀行系キャッシングとは、銀行が行う個人向けの小口融資のことです。 以前は銀行が行う融資といえば企業向けの大口のものというイメージがありましたが、今では対象を拡大し個人のお客様でも比較的簡単に融資を受けられるようになりました。 キャッシングには銀行系と信販系、消費者金融系の三種類があり、銀行系のメリットは金利の低さと借入限度額の高さにあります。 現在では15%〜20%の法定金利が定められており、消費者金融系では上限ぎりぎりに設定される事が多いですが、銀行系なら10%〜14%ほどの金利で済みます。 また、総量規制の対象になる消費者金融では年収の1/3までしか借りられませんが、銀行はその対象とならないので限度額をもっと高くすることができるのです。 限度額の高さと低金利である銀行系キャッシングは、まとまったお金を借りて数年かけて返済する予定の方にとって、非常にありがたい存在であるといえるでしょう。 しかし、銀行は消費者金融系キャッシングと比べると、審査は厳しく融資までの時間がかかってしまうというイメージを持っている方は多いのではないでしょうか。 急ぎでお金が必要な場合には仕方なく金利の高い消費者金融系を選ぶ方がいるかもしれません。 銀行もそれらを改善するため、最近ではWEBを利用して申し込みできるところが増えてきました。 審査から融資までの時間を短縮し、即日融資さえ可能な場合があります。 利便性もよくなり、口座引き落としだけでなく、銀行や提携した大手コンビニのATMからの返済も可能になりました。 低金利に加え、利便性も大幅に改善された今、安心感もある銀行系キャッシングは初心者にも安心なキャッシングだといえるのではないでしょうか。

関連ページ

大手消費者金融の成功の歴史
平成18年12月に貸金業規制法が設立され、出資法上の上限金利で貸出しを行っていたローン・消費者金融会社は非常に厳しい局面を迎えました。そして平成22年6月には改正貸金業法が全面施行されて、多くの消費者金融が疲弊し、音をたて崩れていきました。現在残っている金融会社は、そこを乗り越えてきた体力のある会社ばかりです。
アイフルの歴史とは
テレビコマーシャルで、有名なタレントが起用されているので、おなじみの方も多いのではないでしょうか。アイフルの歴史は、昭和42年に遡ります。
アコムの歴史とは
アコムといえば、国内有数の金融業者のトップブランドです。名前の由来は、意外と知られていませんが、以下の通りです。Affection、Confidence、Moderationの頭文字から、この名前はきています。
ノーローンの店舗やノーローンATMのご案内
なんどでも一週間無利息でお金が借りられるノーローンの店舗/ATMの案内
ノーローンの歴史とは
ノーローンの歴史は古く、1954年に兵庫県で信起商事株式会社が始めたのが起源だといわれています。当時は、会社を対象とした不動産担保ローンとして設立をされました。
プロミスの店舗・ATMの案内
大手消費者金融のプロミスは、店員が在籍している店舗が全国にありますし、無人契約機も多いので、利用しやすくなっています。
プロミスの歴史とは
会社としての歩みに目を向けると、前進は関西金融株式会社になります。関西の地区に1962年に設立されました。そして、その翌年の1963年には関西プロミス株式会社という風に社名を変えています。
モビットの店舗・ATMの案内
モビットは店舗としてもありそうなイメージですが、そのものの店舗はございません。
武富士の申込方法と条件とは
武富士のキャッシングやカードローンの、申し込み方法はとても簡単で便利です。申し込みはインターネットやモバイル端末、携帯電話の他、新規専用のフリーコールや固定電話、店頭でも受け付けています。インターネットでは、24時間受け付けています。
武富士の歴史とは
昭和45年3月に株式会社武富士が創業されました。過剰融資の問題や社会的批判などの問題があり、経営状態が悪化したため、2010年度には会社更生法を申請しました。
新生銀行レイクの歴史とは
新生銀行レイクの歴史は新しいブランドです
消費者金融の審査基準とは
まず、キャッシングを利用するための最低条件は20歳以上で安定した収入があることです。安定した収入が前提となるため、無職の人がお金を借りるのはまず無理です。
トップへ戻る