学生のためのクレジットカードとは

未成年でも契約できる学生のためのクレジットカードとは

原則、クレジットカード契約は18歳以上が対象です。
そのため未成年でも契約が可能とはいえ、中・高校生は原則不可となり、専門、短大・大学、大学院生が対象者になります。
それを前提として、契約に当たって必要になるのは、一定の収入があること、そして親の同意書です。
一定の収入は、アルバイトから得る収入でも問題ありません。
その上で、親の同意書が必要になるので、親に内緒で契約をすることは不可能です。
なぜ同意書が必要なのかというと、未成年には金融上の取り引きにおける責任を問うことができないという問題があります。
そのため万が一の時には、その責任を保護者が負うという形を取るので、親の同意書が必要なのです。
ちなみに、通常のクレジットカードではなく、学生カードというものに申込みを行うことになるでしょう。
これは学生を対象にしたクレジットカードであり、未成年でも契約しやすい審査基準になっています。
また入会金、年会費はかからないのが一般的ですが、一部では年会費がかかるカードもあります。
契約の際には親の同意書のほかにも身分証明書として学生証の提出が必要です。
こういった特徴を覗けば、一般的なクレジットと大差はありません。
限度額の範囲でショッピングをすることができ、利用額と還元率に応じたポイントが溜まります。
また、盗難・紛失保険、海外旅行損害保険などが付帯しています。
社会人になる際に一般カードに契約しなおしますが、同じカード会社なら簡単な審査だけで契約ができるので面倒はないでしょう。

関連ページ

クレジットカードで得する方法とは
クレジットカードで得する方法は、何と言ってもポイント還元が大きな要点になるでしょう。
アメックス(AMEX)でお金を借りる方法
基本的にアメックスのカードでキャッシングできるのは、2012年の6月までを持って終了をしています。
クレジットカードからお金借りれる方法
クレジットカードに付帯するキャッシング枠を利用します。そもそも、クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠があるのをご存知でしょうか。
トップへ戻る