メリット多い高還元クレジットカードを意識して選ぼう

メリット多い高還元クレジットカードを意識して選ぼう

クレジットカードを選ぶ時、第一の基準は高還元を選択するのではないでしょうか。 クレジットを使って買い物する場合、その代金に応じてポイントが付与され、それを好きな商品に交換することが出来、マイルに移行したり、キャッシュバックすることも出来るのです。 電気料金などは現金で支払う時は値引きなどはありませんが、クレジット払いにするとポイント分は実質的な値引きになるといえます。 通常のクレジットカードの還元率は0.5%程度で、高還元になると最大で2%の還元率になるものもあります。 年会費無料でも1.5%の還元率を誇る物もあり、このようなものは大変人気になっているのです。 通常ではこの様な還元率が、専門のモールで買い物したり一定の条件を満たすと通常の5倍と言ったものもあり、そのような条件を満たして多くのポイントを貯めることも可能です。 クレジットカードを選ぶ場合、個人によって選択の基準は違うと思います。 初めて利用するという人は、高還元に注目しましょう。 ポイントを効率よく稼ぐには、自身のライフスタイルをよく熟知しておく必要があります。 例えば旅行が好きならば、マイルが溜まる交通系のクレジットを選択すると良いでしょう。 特定のモールで買い物をするとポイントが加算される場合が多くありますが、自身が好きなモールでポイントが加算されるものを選ぶと言うことも有効ではないかと思います。 要するに自身が一番お金を使うところはどこかを良く考えて最善のクレジットを選んでください。

高還元ポイントのクレジットカードは魅力が一杯

ショッピングをするとき、現金で支払うよりもクレジットカードを利用したほうがお得です。 キャッシュレスで商品を買うことが出来、財布の中に必要以上の現金をいれておく必要がなく防犯上でもメリットがあります。 その他にも、クレジットカード利用で購入した場合ポイントが付与され、そのポイントが溜まることによって色々な商品やキャッシュバックをすることが出来る、そんなお得な機能がクレジットカードにはついています。 ポイント還元率はほとんどの場合0.5%になりますが、1%の高還元率のカードもあり、普通の倍の還元率なのでお得感があり人気になっています。 現金で購入してもポイントは付かないし、クレジット払いであっても一回払いであれば金利は付きません。 このことから、どうせ同じお金を支払うなら、実質的な値引きに当たるクレジットを利用したほうが断然お得なのです。 ポイントが溜まれば好きなときに替える事とも出来、ポイントを移行してマイルに交換することも出来るので、旅行によく出かけるという方にも喜ばれています。 最近では高還元のクレジットが多く出現して、1.5%のクレジットや、提携しているモールでショッピングをしたらポイント還元率が3倍になるクレジット、誕生月にポイントが加算されるなどがあり、ネットで高還元率のカードを探して申し込んでみてはいかがでしょうか。 色々なクレジットの条件を精査して、自分のライフスタイルにあったものを選ぶと、思いもしなかった特典などに遭遇するかもしれません。

高還元でキャッシュバックなどのサービスもあるクレジットカード

現在、新しく登場するクレジットカードは、ほとんどといって良いほど高還元率であることをアピールしているものが多く出ています。 このように、還元率競争が始まっているとも言われています。 これは利用するユーザーにとってはとても良いことです。 なぜなら、普段通りにお買い物で利用するだけで、普段以上にポイントを貯めることができるからです。 ポイントといいますと、何かの商品に換えることができるものというイメージがありますが、価値としては現金と変わりません。 毎日使っていれば、毎日ポイントを貯めることもできますから、どれだけポイントの還元率が良いかはとても重要です。 そして、貯まったポイントがキャッシュバックできるサービスがあれば、さらにユーザーにとって良いことでしょう。 欲しい商品がないからとあまり気に入らない商品と交換するよりも、現金でもらったほうが数段使い勝手が良いものです。 現在、高還元でキャッシュバックがあるカードはいくつかありますが、これからも新しく登場してくるであろうことは間違いありません。 高還元で選ぶのなら、還元率は1.5から2%以上が理想的です。 キャッシュバックの最低交換ポイントは、手数料が無料であれば低ければ低いほど理想的です。 少し計算をしてみますと、ポイントはたくさん貯めて一気にもらうよりも、少しずつもらったほうがメリットがあることがわかります。 カードは、還元率と最低交換ポイントで選びましょう。

関連ページ

学生のためのクレジットカードとは
原則、クレジットカード契約は18歳以上が対象です。そのため未成年でも契約が可能とはいえ、中・高校生は原則不可となり、専門、短大・大学、大学院生が対象者になります。
クレジットカードで得する方法とは
クレジットカードで得する方法は、何と言ってもポイント還元が大きな要点になるでしょう。
アメックス(AMEX)でお金を借りる方法
基本的にアメックスのカードでキャッシングできるのは、2012年の6月までを持って終了をしています。
クレジットカードからお金借りれる方法
クレジットカードに付帯するキャッシング枠を利用します。そもそも、クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠があるのをご存知でしょうか。
リクルートカードはキャンペーンを利用してポイント大量GETしよう!
リクルートカードの魅力は高還元率のポイントです。貯めて嬉しい使って楽しいリクルートポイントを使ってお得に節約しちゃいましょう!
アコムのACマスターカード
ショッピングでも便利に使える!お金が足りないときすぐにお金を借りることができるのは、大手アコムのACマスターカードだからです。
外資系のクレジットカードのメリットを生かす
外資系のクレジットカードのメリットを生かして審査を通すには
特典が多い学生向けクレジットカード
学生を対象とした学生向けクレジットカードは、各信販会社がそれぞれ提供をしています。
ネット通販を利用するならお得なポイントが多い楽天カードが便利
レビCMでもよく見かけるようになった楽天カードは、ネット通販をよく利用される方ならメリットの多いクレジットカードです。
即日発行出来るクレジットカードを探すには
クレジットカードを申込む際の方法としては、来店や電話、インターネット、郵送の4種類が考えられます。この中で、即日発行に最も適さない条件は郵送方法になります。
多機能一体型のクレジットカードは1枚で利便性が高まります
クレジットカードをはじめ、鉄道やバスの定期券や乗車券、コンビニ等でも使える電子マネー、家電量販店やドラッグストア、ガソリンスタンドをはじめ、あらゆる業種のポイントカードなど様々なものがあります。
思わず貯めたくなるポイントカード
貯めたポイントは、次のショッピングに利用したり、商品などに交換することができるカードなど、思わず貯めたくなるポイントカードの特性別で選ぶのもいいですね!
旅行好きなら見逃せないマイルがたまるクレジットカード
航空会社のマイレージサービスは、飛行機に乗った距離に応じたマイルポイントを溜めることによって、特典が得られるというサービスです。
活用方法さまざまなANAマイレージクラブ
ANAマイレージクラブとは、航空機への搭乗やお買い物などで貯まったマイルを、航空券や商品に交換することができるマイレージプログラムのことです。
電子マネーのauWALLETカードの特徴を知ろう
電子マネーのauWALLETカードは見た目はクレジットカードのように見えますが、クレジットカードとは違い、プリペイド式の電子マネーカードとなっています。
ドコモ携帯を利用するならDCMXを持ちたい
DCMXは、携帯電話会社のドコモが提供するクレジットカードサービスです。クレジットカードとして使えるほか、カードレスで電子マネーiDやおサイフケータイとして使うタイプも選べます。
高速道路を使うなら持っていたいETCカード
通勤や仕事、レジャーや旅行に帰省など、車で高速道路を使う機会があるなら、持っていたいのがETCカードです。
全国にある提携先で利用できるTポイントカード
TポイントカードはTSUTAYAでの利用だけでなく、近くのコンビニやホテル、カラオケなどを利用することで貯めることができます。
キャラクターアイテムとしてもぜひ欲しくなるエンタメ系クレジットカード
エンタメ系クレジットカードは、その名の通りエンターテイメントの分野に特化したサービスを受けることができるカードのことです。特に、アニメや映画、韓流などなど、コアなファンを持つ分野の人々を対象にしたものが多くなっています。
便利なおサイフケータイの使い方を確認しよう
携帯電話は緊急の連絡にもすぐに対応できてとても便利ですが、その他にも便利な機能はついており、一台持っているととても便利なものです。 そして、その機能のひとつにおサイフケータイがあげられます。
キャッシュバックできるカードとは
ポイントとは別に利用額に応じてキャッシュバックポイントが貯まる、人気が高いキャッシュバックできるカード特集まとめ
電子マネーと連携させることでクレジットカードのポイントを効率的に貯める
Suicaや楽天エディを使って電子マネーと連携させることでクレジットカードのポイントを効率的に貯める方法はコチラです。
入会するだけで特典が受けられる!?クレジットカードのキャンペーンを利用しよう!
クレジットカードへの入会を考えるとき、何を参考にするのか迷ってしまいますという人には、一つの基準として入会特典に注目してみましょう。
トップへ戻る