思わず貯めたくなるポイントカード

思わず貯めたくなるポイントカード

小さなショップから大企業まで、多くのショップや企業が提供しているサービスがポイントカードです。 カードを提供しているショップなどでショッピングをする時など、精算時にカードを提示すればポイントを貯めることができます。 貯めたポイントは、次のショッピングに利用したり、商品などに交換することが可能です。 それぞれのショップでは、独自のポイントプラグラムによりポイントを付与しています。 利用するごとにスタンプが押されるスタンプ式やバーコードを読み取るバーコード式、そしてカードリーダー式などがあり、それぞれポイントを貯めることができるのはどちらの方式でも同じです。 最近では、クレジットカードの利用でポイントがついたり、電子マネーの利用でポイントがつくなど、ポイントカードと同じ機能を備えているものも登場しています。 これまで、ポイントを付与することにより、顧客を囲い込むためのシステムとして機能してきましたが、多くのポイントシステムが存在するようになり、一つずつで存続するのは難しくなってきています。 そこで、共通ポイントを利用することで、お互いの顧客を送客しあうシステムを採用する企業が増えてきました。 共通ポイントを採用することで、相乗作用を発揮することも期待されるため、この統合の流れはこれからも加速していくことが予想されます。 一つのポイントカードでポイントを貯める機会が多くなるのですから、顧客にとっても大きなプラスになるでしょう。

本当に得ができるポイントカードの上手な使い方

ポイントカードを上手に使うには、効率的な使い方を覚えておきましょう。 このカードは定期的に有効期限を確認するのが基本です。 こういったカードには必ず有効期限が設定されています。 もしカードにポイントを貯めたままその期限を確認せずに放置しておきますと、いざ使おうという時には期限が切れていて使えなくなっていたという事になってしまいます。 これを避けるためにはポイントがいつまで使えるのか定期的にチェックする事が欠かせません。 よく利用する店でポイントカードを発行していたら、できる限りその店のみで買い物をするように心がけましょう。 日用品や雑貨、医薬品など幅広い商品を取り扱っているホームセンターやドラッグストアなどで頻繁に買い物をする機会があるようでしたら、その店だけで買い物をするようにしますとポイントを貯めやすくなります。 特に食品は、できる限り一つの店舗だけで買うようにしてみましょう。 もしこのようなカードの中に入会金やカード発行の手数料が発生するものがあれば、それが本当に必要なのかよく検討しなければなりません。 あまり利用しない店舗で入会金や手数料が必要なカードしか発行していないようであれば、そういったものは作らない方が良いでしょう。 同じように、持っていても使わないカードがあるようでしたら、例え入会金や発行料が無料のものであっても財布の中に入れておくのは避けましょう。 ポイントをためるだけの目的で必要のない買い物をしないという事も、ポイントカードを上手に使うコツの一つです。

ポイントカードの種類は多様化しています

ポイントカードとは、利用金額に応じてポイントが貯められるカードのことです。 様々な店舗や施設で発行しており、貯まったポイントはキャッシュバックしたり、次回の利用金額から割り引いてもらったり、商品に交換したり、募金できたり多岐にわたる用途に充てられます。 結果的に経済負担を減らすことができるため、利用しなくては損でしょう。 ポイントカードには実に様々な種類があるため一口では言いきれません。 大別すると紙カード又は磁気カードがありますが、カードが発行されずネット上でポイントが貯められるシステムのものもあります。 よって多様化してきているのが現状です。 また、一昔前なら、各店舗や施設で独自に発行されており、その発行会社の利用でしかポイントが貯められなかったのですが、最近では各社が提携して複数の場所で一つのポイントをまとめて貯めることができるケースが増えています。 コンビニ、書店、ファーストフード、ガソリンスタンドなど業種が全く別の店舗が提携し合っているので利便性も高いでしょう。 これにより以前と比べて効率よくポイントを貯めていくことが可能となり、カードを何枚も落ち歩く必要がないとう利点ができました。 基本的には100円で1ポイント、1ポイント1円で交換できますが、一様ではないので確認しておいてください。 また、決済機能付き、レンタル機能付き、個人情報が登録されえているポイントカードを紛失すると悪用の心配もあるので管理には注意しましょう。

関連ページ

学生のためのクレジットカードとは
原則、クレジットカード契約は18歳以上が対象です。そのため未成年でも契約が可能とはいえ、中・高校生は原則不可となり、専門、短大・大学、大学院生が対象者になります。
クレジットカードで得する方法とは
クレジットカードで得する方法は、何と言ってもポイント還元が大きな要点になるでしょう。
アメックス(AMEX)でお金を借りる方法
基本的にアメックスのカードでキャッシングできるのは、2012年の6月までを持って終了をしています。
クレジットカードからお金借りれる方法
クレジットカードに付帯するキャッシング枠を利用します。そもそも、クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠があるのをご存知でしょうか。
リクルートカードはキャンペーンを利用してポイント大量GETしよう!
リクルートカードの魅力は高還元率のポイントです。貯めて嬉しい使って楽しいリクルートポイントを使ってお得に節約しちゃいましょう!
アコムのACマスターカード
ショッピングでも便利に使える!お金が足りないときすぐにお金を借りることができるのは、大手アコムのACマスターカードだからです。
外資系のクレジットカードのメリットを生かす
外資系のクレジットカードのメリットを生かして審査を通すには
特典が多い学生向けクレジットカード
学生を対象とした学生向けクレジットカードは、各信販会社がそれぞれ提供をしています。
ネット通販を利用するならお得なポイントが多い楽天カードが便利
レビCMでもよく見かけるようになった楽天カードは、ネット通販をよく利用される方ならメリットの多いクレジットカードです。
メリット多い高還元クレジットカードを意識して選ぼう
ショッピングやマイル、またはキャッシュバックすることも出来る高還元クレジットカードがあります。還元率競争が高まっている今、入会時にはよく特典を比較して申し込みをしましょう。
即日発行出来るクレジットカードを探すには
クレジットカードを申込む際の方法としては、来店や電話、インターネット、郵送の4種類が考えられます。この中で、即日発行に最も適さない条件は郵送方法になります。
多機能一体型のクレジットカードは1枚で利便性が高まります
クレジットカードをはじめ、鉄道やバスの定期券や乗車券、コンビニ等でも使える電子マネー、家電量販店やドラッグストア、ガソリンスタンドをはじめ、あらゆる業種のポイントカードなど様々なものがあります。
旅行好きなら見逃せないマイルがたまるクレジットカード
航空会社のマイレージサービスは、飛行機に乗った距離に応じたマイルポイントを溜めることによって、特典が得られるというサービスです。
活用方法さまざまなANAマイレージクラブ
ANAマイレージクラブとは、航空機への搭乗やお買い物などで貯まったマイルを、航空券や商品に交換することができるマイレージプログラムのことです。
電子マネーのauWALLETカードの特徴を知ろう
電子マネーのauWALLETカードは見た目はクレジットカードのように見えますが、クレジットカードとは違い、プリペイド式の電子マネーカードとなっています。
ドコモ携帯を利用するならDCMXを持ちたい
DCMXは、携帯電話会社のドコモが提供するクレジットカードサービスです。クレジットカードとして使えるほか、カードレスで電子マネーiDやおサイフケータイとして使うタイプも選べます。
高速道路を使うなら持っていたいETCカード
通勤や仕事、レジャーや旅行に帰省など、車で高速道路を使う機会があるなら、持っていたいのがETCカードです。
全国にある提携先で利用できるTポイントカード
TポイントカードはTSUTAYAでの利用だけでなく、近くのコンビニやホテル、カラオケなどを利用することで貯めることができます。
キャラクターアイテムとしてもぜひ欲しくなるエンタメ系クレジットカード
エンタメ系クレジットカードは、その名の通りエンターテイメントの分野に特化したサービスを受けることができるカードのことです。特に、アニメや映画、韓流などなど、コアなファンを持つ分野の人々を対象にしたものが多くなっています。
便利なおサイフケータイの使い方を確認しよう
携帯電話は緊急の連絡にもすぐに対応できてとても便利ですが、その他にも便利な機能はついており、一台持っているととても便利なものです。 そして、その機能のひとつにおサイフケータイがあげられます。
キャッシュバックできるカードとは
ポイントとは別に利用額に応じてキャッシュバックポイントが貯まる、人気が高いキャッシュバックできるカード特集まとめ
電子マネーと連携させることでクレジットカードのポイントを効率的に貯める
Suicaや楽天エディを使って電子マネーと連携させることでクレジットカードのポイントを効率的に貯める方法はコチラです。
入会するだけで特典が受けられる!?クレジットカードのキャンペーンを利用しよう!
クレジットカードへの入会を考えるとき、何を参考にするのか迷ってしまいますという人には、一つの基準として入会特典に注目してみましょう。
トップへ戻る