お金の節約方法の備忘録

お金の節約方法の備忘録

簡単に出来るお金の節約方法とはなにか

景気が良くなってきたとはいえ、まだまだ節約が大切な時期です。

お金を無駄なく使うために、絞めるところは絞めていく必要があります。

その為に、まずは固定費の見直しをしてみることをお勧めします。

収入の20~30%が家賃代と言われていますが、それ以上の場合は引っ越しを視野に入れるのも一つの方法です。

その他には保険料や通信費があります。

携帯電話のプランを定期的に見直すことで、携帯電話の通信費を抑えることが可能です。

メールや通話が無料になるアプリを使うことも、ひとつの方法です。

保険も、ライフスタイルなどが変わった時にはきちんと見直しましょう。

続いて、毎月変動がある費目についてです。

節約しやすい費目といえば食費ですが、その節約方法は数多くあります。

まずは、外食より自炊の回数を増やしましょう。

特売などを利用し、安く買ったものは腐らせることなく使いきることも大事です。

そして、使い切れなかったものは冷凍保存をしておくのも良いでしょう。

魚や肉は一食分ずつ小分けにして冷凍しておくと、忙しい日に便利です。

またおやつなどの嗜好品は、手作りをしてみるのもいいです。

日用品も、メーカーにこだわらず特売になっているものを購入するのもひとつの手です。

他にも、レジャー費が挙げられます。

たまにお金をかけて贅沢に過ごすのも良いですが、普段のレジャーは無料で楽しめるスポットに出かけてみたり、お弁当をもって出掛けると、かなりの節約になるでしょう。

無理のない範囲で支出を減らしていくのが、長く節約方法を続けていく秘訣になります。

 

ローンは金利が低いほど延滞もしにくい

金利を抑えるこれもまた節約のひとつ

ローンは金利が高くなるほど延滞しやすいものです。
月の返済額が増えてしまうのですから当然でしょう。
現在のローンの金利は非常に低くなっております。
特にキャッシングは非常に低く、キャッシングの歴史が始まって以来、今が一番低いと言っていいでしょう。
登場した当初は、18%で借りられるなど夢のような話でした。
現在のキャッシングは審査が厳しいですが、延滞しにくくなった点は大きなメリットでしょう。
利息が減ると、月々の負担・総支払額ともに軽減しますから、支払いは非常に楽となります。
ただ、意外な落とし穴もあり、返済が楽になるため、借入額を増やしてしまう方もいます。
この点だけ注意して利用すれば、低金利ローンは非常に便利なものです。
キャッシングを利用する以上、少しでも利息は減らしたいでしょう。
わずかな年利(実質年率)の差により、年の支払額が数万円も変わることも多いのです。
キャッシングに申し込むときは必ず年利を確認しますが、ここでは各社の比較をするとより効果的です。
一般的な年利は18%以下に抑えられています。
各社の設定額は4%〜18%というように幅があるのですが、だいたい初契約のときに設定されるのは18%なのです。
最近は17.5%や17.8%といった年利も見かけますが、初契約でそれよりも年利が下回ることは少ないです。
利息を抑えるためには、期日までにしっかり返済することです。

当たり前のことですが、これを怠ると20%の遅延損害金が発生してしまいます。

 

 

お金の節約方法の備忘録エントリー一覧

お金は気にせずに使っていては貯まりません。貯めたいと思ったら、まずは収支を明らかにしましょう。そして収入を増やすか、支出...

≫続きを読む

お金は大事とよく言われていますが、大切にする為にはどういった事をポイントとすれば良いのでしょうか。お金を借りられる場所は...

≫続きを読む

トップへ戻る