最短で10万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜

最短で10万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜

最短で10万円借りたいときに初めて借りる方はどこから借りれるのか、どのような流れで現金を受け取れるのか分からないですよね!? 当サイトでは、10万円借りる方法から、お申込みの流れまでを図解で分かりやすく説明します。

>> すぐに10万円借りたい方はコチラ【10万円借りれるランキング】



10万円借りる方法

まず、10万円借りる方法の代表は下記になります。
クレジットカードでお金を借りる
銀行/消費者金融カードローンでお金を借りる
国からお金を借りる

※この他にも、銀行の各種ローン(教育ローンや住宅ローンなど)がありますが、こちらは、借入時の利用目的に制限されているのと、審査が煩雑で時間が掛かる為省いています。


@クレジットカードでお金を借りる方法

クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りることができます。 これをを利用するには、クレジットカード作成時にキャッシングできる金額指定していて、尚且つ、審査に通っているクレジットカードを既に持っていることが前提となります。

A銀行/消費者金融カードローンでお金を借りる

お金を借りれる状態のクレジットカードを持っていない場合には、カードローンが最短で借入できる近道になりますが、 銀行と消費者金融カードローンのどちらを選べばよいのか迷ってしまいますよね! まず、銀行カードローンですが、安心感が重要な方はこちらを選択されると良いでしょう。 お急ぎの方は消費者金融のカードローンがオススメですが、同時に安心感も重要な方は、銀行グループが運営している大手の消費者金融を選ぶのがポイントになります。 また、カードローンはクレジットカードでお金を借りるよりも金利が低めなのも見逃せないですね。

B国からお金を借りる

国からお金を借りるには手続きから支給までの期間に時間が掛かるので、急いでいる場合には不向きです。

10万円借りられる時に必要なもの

借入が50万円以上の場合には、「収入証明書」が必要な業者がほとんどです。 10万円でしたら、免許証などの身分証明証で借入できるので、便利ですね! ※

>> 10万円借入ランキングはこちら!

条件別でお金借りれる

【2大条件】 すぐ借りたい OR 銀行


10万円借りたい【Q&A】

10万円借りられるクレジットカード

とても便利なキャッシングカードの比較方法を考える
キャッシングカードの比較方法には、様々な点があります。 まずはご自分がいくら借りたいのかによって、限度額の設定も考慮に入れなければなりません。 限度額の金額いかんでは収入証明書などの書類が必要になりますので、気を付けましょう。 また高い金額を借りるときには、できるだけ金利を抑えた借入をしたいものです。 金利が比較的低いのは、銀行です。 銀行から融資を受ける時、一般の金融業者より厳しい審査ですが、いったん通過すれば大型のローンも組めますし、安定感も得られます。 銀行は、高額の借り入れに適しているといえます。 一般の金融業者は、金利は銀行より高く設定されているのが普通ですが、審査が少し甘くなっています。 ただし、過去に他社から借り入れをしていて返済を滞納した事実があったり、自己破産をした経験があったりした場合には審査基準に引っかかり、通過しにくくなっているようです。 キャッシングカードがあればどの金融業者も、窓口でなくても返済が可能です。 臨時収入があって返済を追加したい場合には、指定のATMなどで速やかに返済しておけば返済期間の短縮や、返済額を抑えることができます。 キャッシングカードの比較方法としての注意点は、取引するときに発生する手数料や、クレジットカードのキャッシング機能と金融業者のキャッシングの金利の違いを考慮することです。 両者の金利は大いに違いがありますので、ご自分が置かれた状況を把握し、銀行がいいのか、金融業者のカードがいいのか、クレジットカードのキャッシング機能を利用したらいいかを判断して借入することが一番です。

銀行で10万円を借りる方法を知っておくと急な出費でも安心です

カードローンは、消費者金融や銀行などでも利用できますが、信頼性が高く、低金利な貸し金業者にしたい場合は、銀行がお勧めです。 20歳以上の学生は、交友関係が広がるため、旅行などのレジャーでお金が必要になることもあります。 安定した収入があれば、学生もカードローンが利用できますし、10万円程度の金額であればほとんどの場合は、融資を受けることができます。 銀行は消費者金融とは違って借主を厳しく審査しているため、多少時間が掛かる場合がありますが、消費者金融を利用するのに抵抗を感じている人にぴったりです。 窓口やインターネット、電話などを利用して申し込みができるので、職業や年齢、住所などは正直に記入をしておく必要があります。 虚偽がある場合は、審査に落ちてしまう場合があるので注意をしてください。 無職の人は利用はできませんが、配偶者に安定した収入のある専業主婦の場合は、借り入れが可能になっているので、カードローンの審査を受けてください。 消費者金融に比べてみれば、審査が厳しいので不安を持たれている方も多いですが、60歳を過ぎた高齢者でも安定した収入をお持ちの方は、審査に落ちることはほぼないといってもいいでしょう。 カードを使ってATMから融資を受けたり、預金口座にお金を振り込んでもらえるサービスもあるので、急にお金が必要になっても、カードを持っていると安心です。 10万円を返済する時は、元金に利息が必要になるため、利用明細を確認して入金をしておくことが大切です。

インターネットから10万借りるなら消費者金融in申し込み方法

どうしても10万必要!10万円借りたい! スマホの普及により、ますます手軽に活用できるようになったインターネットですが、今の時代は消費者金融への申し込みもインターネットから行うのが主流となっています。 時間や場所といった制限がなく、どこにいても365日24時間、タイミングを気にすることなく申し込めるのが利点でしょう。 消費者金融への申し込み方法は簡単です。 まずは利用を決めた消費者金融のホームページへ飛び、そこから申し込みを行います。 キャッシング申し込みの専用ページが設けられていますので、そこをクリック、必要項目を記入して送信してください。 これで申し込みは完了です。 ちなみに、女性のためのレディースキャッシング、学生のための学生キャッシングなど消費者のニーズに合わせた商品を複数取り扱っており、商品ごとに申し込みページが異なりますので、自身が希望するキャッシングの申し込みページから申し込むようにしましょう。 申し込みが完了できたら審査の結果を待ちます。 早くて30分程で審査結果がメールまたは電話で届きますが、申し込みが込み合っている場合や休日や営業時間外の申し込みは翌日以降の連絡になります。 タイミングによっては即日融資も可能ですので、早く融資を受けたいという方は申込時間に注意してください。 審査の結果、融資が可能となれば運転免許証や保険証などの身分証明書をスマホのアプリ、FAX、郵送などで提出します。 身分証明書の確認が取れ次第、契約成立となり、晴れて借り入れが利用できるようになるでしょう。 なお、10万円 借りたいけど無職だという方は、総量規制の対象となる消費者金融カードローンやクレジットカードのキャッシング枠は利用できません。 というのも、総量規制は収入の3分の1を超える借り入れができないので、借入をする本人が無職の場合には、10万円だけ借りたいとしても、キャッシングすることはできません。 それでも今すぐ10万円必要であれば、一時的にアルバイトやパートなどをやって即日で10万 稼ぐか、親姉弟や友人に10万円借りたいと頼んでみるか(ただし、その際には10万借りる 言い訳が必要です)、いま流行りの個人間掲示板であれば「誰か10万円貸してください」と頼んでみるのも一つの手段です。 また、銀行なら場合によっては審査の上10万借りることができるかもしれませんので、10万借りたい 無職の方は、挑戦してみるのも良いかもしれません。

フリーローンの特徴からみる申し込み方法

フリーローンとは使途が限定されないローン商品のことで、借りたお金はどのように利用しても構いません。 大別して担保不要で契約できる無担保ローンと、担保有りで契約できる有担保ローンがあります。 もちろん有担保ローンのほうがその価値に応じて数千万円、数億円という大金を借りることができますが、一般的に消費者に多く利用されているのは生活の出費を助ける利便性の高い無担保ローンです。 無担保ローンは、1万円だけ借りたい、10万円だけ借りたい、どうしても20万借りたいといった少額借入に適しているのも、人気の理由のひとつですが、無担保や保証人不要で借入できる分、無職だと申込条件をクリアできない場合がありますので、ご注意ください。 代表的な商品にはキャッシング、カードローン、不動産担保ローンなどがあげられます。 さて、フリーローンと一口に言っても、その種類は様々なので、商品ごとの特徴をよく理解する必要があるでしょう。 その上で、ニーズに適した商品に申し込みを行います。 融資商品によって申し込み手順は一概ではないのですが、最近ではいずれもスマートフォン、パソコン、ケータイなどを使ってインターネットから申し込むことができるようになっているので、利用したいフリーローンを提供する金融会社のホームページからWEB申し込みをするのが一般的です。 流れに従い申し込むだけですので難しいことはありません。 また、各社で申込み手順を掲載しているので確認してみるといいでしょう。 無担保ローンなら申込みは比較的簡単で、申込日当日に審査が行われ最短でその日に融資を受けることもできます。 有担保ローンなら担保の審査もありますので、その日に融資を受けることは厳しいですが、ただ即日融資が不可能というわけではありません。 必要に応じて借り入れのためのカードを発行、カード発行がなくても銀行振り込みで借り入れをすることも可能です。 金利は商品によって異なりますが、10万円借りるくらいなら金利の差による利息の負担は少ないので、審査に通りやすいカードローンや即日融資に対応しているキャッシングを選ぶなど、ほかの要素で選んでも良さそうです。

関連ページ

最短で1万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで1万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
最短で2万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで2万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
最短で3万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで3万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
最短で5万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで5万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
最短で20万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで20万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
最短で30万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで30万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
最短で50万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで50万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
最短で100万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで100万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
トップへ戻る