最短で1万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜

最短で1万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜

最短で1万円借りたいときに初めて借りる方はどこから借りれるのか、どのような流れで現金を受け取れるのか分からないですよね!? 当サイトでは、1万円借りる方法から、お申込みの流れまでを図解で分かりやすく説明します。

>> すぐに1万円借りたい方はコチラ【1万円借りれるランキング】



1万円借りる方法

まず、1万円借りる方法の代表は下記になります。
クレジットカードでお金を借りる
銀行/消費者金融カードローンでお金を借りる
国からお金を借りる

※この他にも、銀行の各種ローン(教育ローンや住宅ローンなど)がありますが、こちらは、借入時の利用目的に制限されているのと、審査が煩雑で時間が掛かる為省いています。


@クレジットカードでお金を借りる方法

クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りることができます。 これをを利用するには、クレジットカード作成時にキャッシングできる金額指定していて、尚且つ、審査に通っているクレジットカードを既に持っていることが前提となります。

A銀行/消費者金融カードローンでお金を借りる

お金を借りれる状態のクレジットカードを持っていない場合には、カードローンが最短で借入できる近道になりますが、 銀行と消費者金融カードローンのどちらを選べばよいのか迷ってしまいますよね! まず、銀行カードローンですが、安心感が重要な方はこちらを選択されると良いでしょう。 お急ぎの方は消費者金融のカードローンがオススメですが、同時に安心感も重要な方は、銀行グループが運営している大手の消費者金融を選ぶのがポイントになります。 また、カードローンはクレジットカードでお金を借りるよりも金利が低めなのも見逃せないですね。

B国からお金を借りる

国からお金を借りるには手続きから支給までの期間に時間が掛かるので、急いでいる場合には不向きです。

1万円借りられる時に必要なもの

借入が50万円以上の場合には、「収入証明書」が必要な業者がほとんどです。 1万円でしたら、免許証などの身分証明証で借入できるので、便利ですね! ※

>> 1万円借入ランキングはこちら!

条件別でお金借りれる

【2大条件】 すぐ借りたい OR 銀行


1万円だけ借りたい【Q&A】

初めてお金を借りる時だからこそ注意しよう

たとえば、1万円だけ借りたいといったような少額の場合でも、初めてお金を借りる時は、どうしても緊張してしまうものです。 1000 円 借り たいあるいは5000円借りたいくらいなら日々の生活を切り詰めることでお金を借りることなく済ませることもできるかもしれませんが、今すぐ一万円必要になった場合には節約では間に合いません。 そうなったときに即日 1万円借りるなら、家族からお金を借りることですぐ に 1 万 用意 することができそうですが、親兄t弟に一万円貸してくださいと頼むことで、お金を借りる理由を問い詰められる可能性もあることを考えなくてはなりません。 また、一 万 円 だけ 借りるといった少額借入ではなく、10 万 円 だけ 借り たい!どうしても 20 万 借り たい!といったときには、なかなか難しい場合があります。 そんなときには、10 万 借りる 方法として大手銀行カードローンや銀行系の大手消費者金融からお金を借りることで、スムーズにキャッシングできます。 なお、カードローン申し込みの時に情報を入力し間違えると、ウソ情報を申告したとみなされるので注意しましょう。 もしミスする可能性があるという人は、店頭窓口や無人契約機(自動契約機、ローン申込機)ではなく、スマホ、パソコン、ケータイから24時間365日申込可能なインターネットを利用する方法が、入力ミスをせず落ち着いて申し込めるので便利です。 カードローンやクレジットカードのキャッシングなどで初めてお金を借りる方は、他社借入件数は0となるので、この点で審査に落ちる事は有りませんが、勤続年数によっては審査にパスできない事もあります。 また初めてお金を借りる時は借入限度額は少なめに設定されますし、金利は借入限度額に見合って高めに設定されてしまうので注意が必要です。 一定条件を満たすことで、初回利用に限り無金利というキャンペーンを展開しているカードローンも有りますが、その期間を過ぎてしまうと利息がしっかりとかかってきます。 キャッシング 1 万 円 だけ際や二 万 円 貸し てといったような少額であれば金利が高くても利息の負担は少ないのですが、50000 借り たいといったちょっとした金額になってくると利息負担も気になりますので、返済期限までまだ時間があるからと言ってのんびりするのではなく、出来るだけ早く完済できるように繰り上げ返済、一括返済を心掛ける方がベストです。 カードローンの金利は日割りで計算する事になります。 借りる期間が長くなればなるほど金利分を多く払う必要が出てくるのです。 初めてお金を借りる時は返済まで考えていない状態で申し込んでしまう事も少なくありません。 毎月一定額返済できるリボ払いは便利ですが、1万円借りたい場合でもだらだらとお金を借り続ける事にもつながります。 しかもカードローン自体、1回申し込んでカードを発行してもらえば限度額の範囲内であれば何度でも申込み不要で借りる事が可能です。 便利だからと言ってそれに依存してしまう事がないように、自分の中で最初からルールを決め、それにしたがってお金を借りるというのも、知っておくべき注意点といえます。

すぐに1万円だけ借りられるところある?

急なお誘いや訃報といった際に1万円借りたいなど、ちょっとした金額が必要になることはよくあることです。 そんなときに、1万円という金額は家族や友人からも借りやすい金額ではありますが、それでもよほど関係性が良好でないと金額にかかわらず"お金を借りる"といった行為自体が人間関係を崩してしまうきっかけともなりやすいので、注意が必要かもしれません。 そんな人間関係のわずらわしさを感じずにお金を借りたい方は、カードローンが便利です。 カードローンを利用する場合は会社によって金利が異なりますが、1万といった少額キャッシングともなれば借入期間がどれだけ長くても利息額もたかが知れているため、負担は軽く済みます。 ということであれば、1万円借りれるカードローン会社を選ぶ場合のポイントは金利ではなく、すぐにお金を借りたい時も即日キャッシングができるカードろんーんであったり、外出せずに申し込みをしたい場合は来店不要でスムーズにお金を借りれるカードローンだったりと、こちらの目的にそった会社を選ぶと良いでしょう。 一度カードローン契約をすれば、いざ急にお金を借りたいときでも窓口はもちろん提携コンビニATMなどでも24時間365日いつでもお金を引き出すことができます。

今すぐ借りたい!どうしてもお金を借りなければならなくなった時、あなたはどうする?

日々の生活の中で、どんなに工夫をしていても、慎ましく生活をしていたとしても、不測の事態でどうしてもお金が必要になる時があります。 1万円だけ借りたいといったような気軽に借りれる金額なら問題ないですし、それ以前に充分な蓄えが有れば良いのですが、長い人生、必ずしもそういう時だけとは限りません。 不意の出費は無計画な浪費とは根本的に意味合いが異なります。 そういった状況のなか、一時的に10 万 円 だけ 借り たいといったときでも、無担保&保証人不要でお金を借りることができるのが、カードローンキャッシングやクレジットカードのキャッシングです。 大まかに分類するとカードローンには「銀行系」と「消費者金融系」の2種類があります。 前者は後者に比べ審査が厳しいけれど金利は低く低金利でお金を借りれますし、後者は審査が緩やかだが金利は高めの設定になっている金融機関が多いようです。 カードローンは個人の信用貸付となりますので、定職に就いていて定期的で安定的かつ一定以上の収入があり、ブラックリストに載っているなどもなく過去の個人信用取引履歴に問題がなければ消費者金融系であっても審査はそんなに厳しいものではありません。 はじめは10〜30万円程度の少なめの利用限度額(利用限度枠)から始まり、利用状況に応じて借入可能額は増額するのが一般的なので、1万円借りる場合でも十分に間に合う借入限度額となります。 返済はリボルビング払いが多く、利用者の希望に応じて一部返済や全額一括返済などの臨時的な増額返済も可能なことが多いです。 コンビニエンスストアに設置されている提携コンビニATMでの借り入れや返済が可能なことも、その利便性の高さに拍車をかけています。 この条件であれば、今すぐ一万円必要などきでも、即日 1万円借りれますし、必要なときにすぐ に 1 万 用意 することができるのは、ある意味、日々の安心感につながります。 最近では、プロミス、アコム、SMBCモビット、アイフルなどのようにテレビCMやインターネットでも頻繁に見かけますし、必要に応じてお金を借りるということが、長らくネガティブなイメージが先行しがちだった借金のスタイルが変わりつつあります。 1万円借りたいときでも必要最小限だけ借り、余裕が出来なたらすぐ返す、そんなスマートな利用を心掛ければローンカードは心強い価値ある1枚になることと思います。

1万円だけ借りるなら大手の消費者金融のカードローンが便利

大手の消費者金融から1万円だけ借りたい場合は、カードローンでキャッシングがお手軽で便利です。 今度も融資を受けることがあるならば、カードを発行してカードローンとして契約するのがいいですが、1回だけの融資であればカードは不要でしょう。 1万円の融資の場合は、ほとんどの消費者金融が柔軟に対応してくれるはずです。 他社から借りている方でも融資を受けられる可能性が高いので、すでに複数社から借りている方もチャレンジしてみましょう。 他社からすでに限度額まで借りている場合、増額交渉をしないと追加融資を受けることができません。 増額対応してくれれば、利用中の会社から借りるのが無難ですが、それが無理な場合は他社を当たるしかないでしょう。 1万円という金額は、振込対応してくれることが多いので、指定口座にそのまま振り込んでもらうことも可能です。 急を要する場合は、店頭窓口で審査を受けて、その場で現金を受け取るといいでしょう。 カードを発行して借りる手もありますが、発行には少し時間がかかるので、融資スピードにおいてはキャッシングのほうが早いです。 金利に関しては、10万円未満の借り入れになるので20.0%が適用となる可能性もあります。 小さな業者ですと、現在でも20.0%を上限としているところがありますので、もっと低金利で借りたいという方は、CM放映レベルの消費者金融がおすすめです。 少額からでも17%台で融資してくれることが多く、非常にお得になっています。

関連ページ

最短で2万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで2万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
最短で3万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで3万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
最短で5万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで5万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
最短で10万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで10万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
最短で20万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで20万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
最短で30万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで30万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
最短で50万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで50万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
最短で100万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで100万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
トップへ戻る