最短で2万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜

最短で2万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜

最短で2万円借りたいときに初めて借りる方はどこから借りれるのか、どのような流れで現金を受け取れるのか分からないですよね!? 当サイトでは、3万円借りる方法から、お申込みの流れまでを図解で分かりやすく説明します。

>> すぐに2万円借りたい方はコチラ【2万円借りれるランキング】



2万円借りる方法

まず、2万円借りる方法の代表は下記になります。
クレジットカードでお金を借りる
銀行/消費者金融カードローンでお金を借りる
国からお金を借りる

※この他にも、銀行の各種ローン(教育ローンや住宅ローンなど)がありますが、こちらは、借入時の利用目的に制限されているのと、審査が煩雑で時間が掛かる為省いています。


@クレジットカードでお金を借りる方法

クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りることができます。 これをを利用するには、クレジットカード作成時にキャッシングできる金額指定していて、尚且つ、審査に通っているクレジットカードを既に持っていることが前提となります。

A銀行/消費者金融カードローンでお金を借りる

お金を借りれる状態のクレジットカードを持っていない場合には、カードローンが最短で借入できる近道になりますが、 銀行と消費者金融カードローンのどちらを選べばよいのか迷ってしまいますよね! まず、銀行カードローンですが、安心感が重要な方はこちらを選択されると良いでしょう。 お急ぎの方は消費者金融のカードローンがオススメですが、同時に安心感も重要な方は、銀行グループが運営している大手の消費者金融を選ぶのがポイントになります。 また、カードローンはクレジットカードでお金を借りるよりも金利が低めなのも見逃せないですね。

B国からお金を借りる

国からお金を借りるには手続きから支給までの期間に時間が掛かるので、急いでいる場合には不向きです。

2万円借りられる時に必要なもの

借入が50万円以上の場合には、「収入証明書」が必要な業者がほとんどです。 2万円でしたら、免許証などの身分証明証で借入できるので、便利ですね! ※

>> 2万円借入ランキングはこちら!

条件別でお金借りれる

【2大条件】 すぐ借りたい OR 銀行


2万円だけ借りたい【Q&A】

2万円だけ借りれるカードローン

手間をかけず、また時間をかけずにお金を借りるにはカードローンが最適です。 カードローンは担保や保証金も必要なく、保証人も不要なので、人に迷惑をかけることなく手軽にキャッシングが可能なのが特徴です。 特に2万円といった少額といえる金額が必要になったときには、審査もさほど厳しくないので、スムーズにお金借りることができるでしょう。 さらに、カードローンは一度契約をしてカードを作ってしまえば、そのカードで提携コンビニATMで24時間365日いつでも借り入れができるので、急な出費にも備えられます。
カードローンで2万円キャッシングは即日可能
借りたいお金が2万円くらいですと、カードローンのキャッシングを利用すれば即日融資も可能となります。 現在のカードローンは、50万円以上で契約する方も多く、小口ローンとして考えるとやや限度額が高くなっていますが、本来はちょっと2万円借りたい、といった場面で使われるものでした。 これは現在においても同様であり、10万円未満の借り入れにしておけば返済も楽ですし、キャッシングとしてのメリットだけを受けることができるのです。 遅延してしまう方は、数十万円〜百万円超の借り入れになっていることが多いため、逆にいえば借入額さえ少なければ遅延しなかった可能性が高いと言えます。 申し込み方法については、今主流のWEB完結契約のほか、自動契約機、店頭窓口、電話、FAX、郵送など、さまざまな方法から選択できます。 方法が異なっても審査内容に相違はありませんので、好きな方法で申し込みをしましょう。 ただし、即日融資を受けられる場合は方法が限られてきますので、金融機関に確認してから申し込むようにしてください。 一般的にはWEBと窓口の組み合わせが最短融資となりますが、金融機関によって事情が異なってきます。 2万円キャッシングをする場合は、限度額は10万円にしておくといいでしょう。 2万円の限度額では、今後もし5万円必要になったときに対応できません。 10万円の枠があれば、多くのケースに対応できるので便利です。 カードローンでは、100万円といった高額融資はなるべく受けないようにして、少額の利用に留めておきたいものです。

いろいろなカードローンの申込方法
【来店不要申込】キャッシングを利用しているところを他人に見られたくない人は、来店不要のインターネット申し込みが便利です。

【自動契約機申込】対人での申し込みが苦手な方ですぐにお金を借りたい方やカードを受け取りたい方は、自動契約機申込みが最適です。

【窓口申し込み】借入計画や返済計画の相談をしながら申し込みをしたい方や、金利に関する確認などをしたい人は、窓口申し込みが問題解決できるので安心です。

【郵送申し込み】いざというときのために予備として申し込みをしたい方など急ぎではない方などは、郵送申し込みが楽々です。

アルバイトもお金が必要な時がある。緊急事態にはキャッシングを使おう!

今すぐお金が必要になったときに、いきなり今日中に2万円稼ぐというのも難しい話です。日雇いのバイトをするとしても日当でそれだけの金額を稼ぐのは厳しいでしょう。 そういった場合には、家族や友人にお金を借りるという手もありますが、一万円貸してくださいと言うのと、2 万 貸し てというのは、ちょっとした金額の差ですが、微妙にハードルが上がります。 ましてや、3 万 円 借り たいといった話になると、なかなか言い出しにくいところもありますので、そんなときには身内や友人知人ではなく、まったくの第三者にお金を借りるのもひとつの手段です。 ただ、アルバイトやパートをしている人はお金を借りることができないと、思っている方もいるかもしれせんが、しかしそれは違います。 プロミス、アコム、SMBCモビット、アイフルなどの大手のカードローンキャッシングやクレジットカードキャッシングでは可能なのです。 昔は門前払いということもあったそうですが、今はアルバイト、パート、派遣社員、契約社員が増えてきたためそういったことも少なくなってきました。 しかしカードローンの申込条件で考えると、一定の収入がないと申し込みできないのと審査にも通らないので、短期アルバイトをしている人は注意が必要です。 派遣社員の方にも同じことが言えます。 やはり、安定している正社員よりは、不利なことは間違いありませんが、それでも1 万 円 融資を受ける、今すぐ二万円借りるといったように数 万 円 借りる程度であれば、そこまで審査は厳しくないかもしれません。 カードローン審査につきまして、どうしてもお金が必要なときに、うまく借りることができるのでしょうか。 いくつかポイントがあります。 まず一定の収入があることで、安定的に毎月決まったお給料がもらえるのであれば、審査に通りやすくなります。 また社会保険や組合保険に加入している場合は、正社員扱いとなり通りやすくなるようで、国民健康保険だと不利になってしまうといった話も耳にします。 なお、2万円借りるくらいなら1社でもいいけれど今すぐ5万円借りたいから、念のため複数社に同時申込をしようかな?といった場合でも、色々な会社への同時のキャッシング申し込みは、絶対にやってはいけません。 なぜならば申し込んでいる人はどれか一つでも通ればと良いと思って同時申込をすることが多いようですが、カードローンの申し込みをするだけでも信用情報に載ってしまい審査に落ちてしまうことが多いのです。 そういったことが原因で審査に落ちてしまうことを考えると、一つの会社に絞って申し込みをした方が、結果的に審査に通りやすくなる可能性が高くなります。 また、クレジットヒステリーがしっかりしている人も、審査に通りやすくなるそうです。 クレジットヒステリーとはクレジットカードの料金を、滞納しているかいないかの記録です。 キャッシング業界では通常審査とは別に、借入実績なども重要視されるので、初めてお金を借りるよりも、過去にお金を借りた経験(借入実績)がある方のほうが高く評価される傾向にあります。 これらのポイントを押さえればアルバイトの方が今日中に2万円借りたい場合でも、審査に通る可能性が高くなるでしょう。

東京ですぐに2万円借りる必要が生じたら

日本の首都であり大都市である東京には、日々たくさんの人が働いています。 その他、都内外からの買い物客や旅行客、仕事を探しに上京してくる人など、多くの人が集う街なので、多彩なお店や話題のレストランなど、お金を使う場所もいくらでもあります。 買い物をしたり食事を楽しんでいる内に、気付いたらお財布が底をついていたというケースは少なくありません。 また、ようやく仕事が見つかり、ホテル暮らしから賃貸住宅へと住み替える際、ホテルならクレジットカードが使えても、敷金や礼金、家賃の支払いには通常クレジットカードは使えず、現金の準備が必要になります。 こうした時、銀行口座にもお金がなければ、頼るべきはキャッシングです。 東京には数えきれないほどたくさんの業者があり、知名度の高い貸金業者や大手銀行のカードローン、大手消費者金融から、会社名を聞いたこともない小さな業者までひしめき合っています。 安心してなら、やはり知名度の高い大手で借りる方法が無難でしょう。 一方、一万借りたいあるいは2万円借りたいくらいなら金利の違いがあっても利息の影響も少額なのでそこまで業者を選定しなくても良いかもしれませんが、それでも少しでも金利を抑えたい場合には、小さな業者も含め様々な所で比較検討するのがおすすめです。 なお、銀行カードローンは低金利で安心感があり、大手消費者金融カードローンは今すぐにお金を借りたいときでも即日融資できるなどの特徴があります。 ただし、単に金利を比べるのではなく、金利の低さに興味を持った業者については、スマホなどインターネットを使って口コミを調べてみるなど、信頼できる業者であるかを確認しましょう。 申し込み方法は、業者の店舗窓口や店頭窓口に直接出向くほか、街中にある自動契約機(無人契約機、ローン申込機)を利用すると、スピーディーにお金を借りられます。 今すぐ2万稼ぐのは難しいので、そんなときには気軽にキャッシングを利用できるといいですね。

関連ページ

最短で1万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで1万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
最短で3万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで3万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
最短で5万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで5万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
最短で10万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで10万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
最短で20万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで20万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
最短で30万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで30万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
最短で50万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで50万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
最短で100万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで100万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
トップへ戻る