最短で50万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜

最短で50万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜

最短で50万円借りたいときに初めて借りる方はどこから借りれるのか、どのような流れで現金を受け取れるのか分からないですよね!? 当サイトでは、50万円借りる方法から、お申込みの流れまでを図解で分かりやすく説明します。

>> すぐに50万円借りたい方はコチラ【50万円借りれるランキング】



50万円借りる方法

まず、50万円借りる方法の代表は下記になります。
クレジットカードでお金を借りる
銀行/消費者金融カードローンでお金を借りる
国からお金を借りる

※この他にも、銀行の各種ローン(教育ローンや住宅ローンなど)がありますが、こちらは、借入時の利用目的に制限されているのと、審査が煩雑で時間が掛かる為省いています。


@クレジットカードでお金を借りる方法

クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りることができます。 これをを利用するには、クレジットカード作成時にキャッシングできる金額指定していて、尚且つ、審査に通っているクレジットカードを既に持っていることが前提となります。

A銀行/消費者金融カードローンでお金を借りる

お金を借りれる状態のクレジットカードを持っていない場合には、カードローンが最短で借入できる近道になりますが、 銀行と消費者金融カードローンのどちらを選べばよいのか迷ってしまいますよね! まず、銀行カードローンですが、安心感が重要な方はこちらを選択されると良いでしょう。 お急ぎの方は消費者金融のカードローンがオススメですが、同時に安心感も重要な方は、銀行グループが運営している大手の消費者金融を選ぶのがポイントになります。 また、カードローンはクレジットカードでお金を借りるよりも金利が低めなのも見逃せないですね。

B国からお金を借りる

国からお金を借りるには手続きから支給までの期間に時間が掛かるので、急いでいる場合には不向きです。

50万円借りられる時に必要なもの

借入が50万円以上の場合には、「収入証明書」が必要な業者がほとんどです。 50万円でしたら、免許証などの身分証明証で借入できるので、便利ですね! ※

>> 50万円借入ランキングはこちら!

条件別でお金借りれる

【2大条件】 すぐ借りたい OR 銀行


50万円借りたい【Q&A】

銀行から50万円借りる借り方はカードローンが一般的

50万円というまとまった金額を用立てるなら、家族・友人から借りるのは難しいでしょう。 友人の場合を例にすると、貸せる金額は1万円以内と回答する方が多く、10万円を超えた金額を貸してあげられるという方はほとんどいません。 数十万円といった高額融資を受けるならば、現実的に金融機関を利用することになるでしょう。 消費者金融はお手軽に借りられるのが魅力です。 金利もそれほど高くはありませんが、50万円を借りるならば金利差による利息は無視できないものとなりますので、低金利の銀行から借りるのが好ましいでしょう。 借り方は消費者金融とまったく同じであり、わずらわしい面接などはありません。 面接室で何十分も話し合って借りるというのは、高額の融資に限られますので、カードローンなどの少額融資に関してはWEB契約完了も可能なのです。 銀行融資が厳くて面倒なのは、融資額が非常に大きな大口ローンを多く用意しているからです。 住宅ローンは2,000万円以上の融資になることが多く、これだけ高額融資になるのに、簡単な審査で貸してくれるはずがありません。 カードローンにおいては、消費者金融も銀行も限度額に大きな違いはなく、最高500万円が一般的となっています。 うち実質的に借りられる金額は100万円くらいなので、融資には柔軟対応してくれることが多いのです。 カードローンで50万円を借りることができなければ、それ以外のローンに申し込んでも借りることは困難です。

50万円借りられるクレジットカード

お金が足りない時に便利なキャッシングサービスの選び方
現代はクレジットカードやインターネットマネーの普及で、現金を持っていなくても商品の購入やサービスの利用が出来る便利な時代です。 しかし、現金が必要になる場面はまだまだ多いものです。 例えば現金しか使えない居酒屋さんに入った時などは、現金の持ち合わせが無くては飲み代の支払が出来ません。 そんな、いざお金が足りないという事態に備えておくと便利なのが、消費者金融のキャッシングカードです。 近年大手の消費者金融では、コンビニのATMで簡単に融資を受ける事が出来る様になっており、いざ現金を調達したい時に便利に利用出来ます。 例えば、会社の先輩に誘われて急に飲み屋に行く事になった時など、財布の中に持ち合わせが無くてもコンビニに立ち寄れば現金を調達する事が出来るのです。 大手の消費者金融では、インターネットで簡単にキャッシングの申し込みが出来る様になっています。 また、申込んだその日に融資が受けられる、即日融資を実施している消費者金融も多いので、急な入り用にも対応出来る様になっています。 この様に便利な現代の消費者金融サービスですが、お金が足りない時に少額の融資を利用するならば、金利を比較して業者を選ぶ事が重要です。 特に注目すべきは最高金利です。 金利と言うと最低金利に目が行きがちですが、最低金利は借入限度額まで融資を受けた際の金利ですので、小額の融資には直接関わりのない数値になります。 小額の融資で適応されるのは最高金利、またはそれに近い金利です。 最高金利を基準にキャッシングサービスを契約する事で、お金が足りない時に少ない金利で便利に現金を調達する事が出来るのです。

消費者金融で50万円借りる条件として何が求められるの?

消費者金融カードローンでお金を借りる条件には、大きく年齢、収入、立場があります。 申込条件の基本となるのが、まず、年齢が満20歳以上であることが必要で、申込可能な年齢には上限があります。上限年齢は業者ごとに異なっていますが、69歳から79歳と幅があるものの、銀行系大手消費者金融などでは実際には60代後半には申し込みができないケースが多くなります。 収入については、単発の収入や不定期の収入では難しく、継続した安定的な収入があることが求められます。 雇用形態は正社員に限らず、契約社員や派遣社員、パートやアルバイト、自営業者でもかまいませんが、定職についていることが必要なのです。 立場としては、学生であってもアルバイトなどで継続的な収入があれば可能なところが多くありますが、年齢が満20歳に満たない高校生や大学生は申し込むことはできません。(満20歳以上の大学生は申込可能です) また主婦の場合も、パート収入があれば本人の申し込みが可能ですが、定期収入のない専業主婦の方は審査に落ちる云々以前に申し込みができませんし、もちろん、無職の方が50万借りたいといっても、消費者金融の場合は50万 借りることはできません。 この点、年金生活者については年齢の上限未満であり、年金という継続的な安定収入があっても、定職についていないため申し込めない業者がほとんどです。 もっとも、申し込みが可能な条件と実際に借り入れができるかは別問題です。 いくら50万円借りたいと思っていても、申し込み後に消費者金融による審査があり、お金を貸してもらうには審査を通らねばなりません。 消費者金融では、貸金業者においては年収の3分の1までしか借りられないという総量規制が適用されるため、既に年収の3分の1を借りている人はそもそも審査が通りません。 また、1社で50万円以上借りる場合や、他社と合わせて100万円以上の借り入れになる場合には、収入を証明する書類の提出が求められます。 なお、どうしても 50 万 借り たい方は、審査に通れば50万借りることはできますが、借入した元本とは別に、あらかじめ設定されている金利に基づく利子の支払いが発生します。 金利が高いと支払利息も多くなり、銀行カードローンのように低金利だと支払う利息も少なくて済みますので、借入金額が高額の場合や借入期間が長い場合は、利息負担が大きくなってしまうため、返済計画などにも影響がでてきます。 50 万 円 融資を受ける際には、そのあたりもしっかりと考えて借りれ先を選びましょう! ちなみに、プロミスで50万円借りる際の利息は、借入金額が少ないこともあり最低金利が適用されます。 また、カードローンキャッシングで50万円借りる方は、返済のこともしっかりと考えておかなくてはなりません。 カードローンでお金を借りている間は、いわば、50万円 借金をしている状態なので、きちんと計画的に返済をしていかないと、万が一返済が滞って返済遅延になったり、返済不能になった場合には、個人の信用情報に傷がついてしまう(ブラックリストに載ってしまう)ことになるので、将来的に見て新たな借入ができないなど不都合が生じますので、ご注意ください。

すっきり解る年利・年金利回り法

年金利回り法は、実質の金利を計算します。 消費者金融やキャッシングの詳細で金利が印字されていますが、あの数字の計算方法です。 年利とはいわゆる利息のことで、金融業者からお金を借りると利息が必要となりますが、借入額が低いほど支払う利息は安くなります。 この利息を年間で考えるので年利と呼ばれていますが、一般的に支払いは月に一度ですから、月単位で計算されます。 ですが、実質の年利は日単位で計算をします。 細かいようですが、数字は当然変わっていき、日単位では金利を低くすることができるのです。 そのため長期間にわたって借りるよりも、短い間だけ借りた方が金利は低くなります。 この年利を示すことは、法律で定められており、10万円以下なら20%以下にしなくてはなりませんし、また10万円以上なら18%以下と決められています。 金融機関では、この数字に従い、サービスを展開しているのですが、ちなみに100万円以上なら15%以下と高額になるほど率は低くなります。 また、金利はお金を借りた時に支払うもので、利回りは元本が増減した後の金額の割合を年単位で示すものなので、そもそも利回りは金利とは違います。 年金利回り法は、実際の金利の計算をします。 もちろん、返済額から利息を引いた上で計算するので、例えば100万円借りたとした場合は、年間では15万円以下の支払いが必要となります。 しかし、返済は一気に求められず毎月支払うこととなりますので、元本は毎月変化し、支払っているなら、元本は減っていきます。 元本と年利をかけたものを年間で割った数字を、経過期間にかけて計算されたものが、返済の利息ということになります。

関連ページ

最短で1万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで1万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
最短で2万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで2万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
最短で3万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで3万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
最短で5万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで5万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
最短で10万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで10万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
最短で20万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで20万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
最短で30万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで30万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
最短で100万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで100万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
トップへ戻る