最短で5万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜

最短で5万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜

最短で5万円借りたいときに初めて借りる方はどこから借りれるのか、どのような流れで現金を受け取れるのか分からないですよね!? 当サイトでは、5万円借りる方法から、お申込みの流れまでを図解で分かりやすく説明します。

>> すぐに5万円借りたい方はコチラ【5万円借りれるランキング】



5万円借りる方法

まず、5万円借りる方法の代表は下記になります。
クレジットカードでお金を借りる
銀行/消費者金融カードローンでお金を借りる
国からお金を借りる

※この他にも、銀行の各種ローン(教育ローンや住宅ローンなど)がありますが、こちらは、借入時の利用目的に制限されているのと、審査が煩雑で時間が掛かる為省いています。


@クレジットカードでお金を借りる方法

クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りることができます。 これをを利用するには、クレジットカード作成時にキャッシングできる金額指定していて、尚且つ、審査に通っているクレジットカードを既に持っていることが前提となります。

A銀行/消費者金融カードローンでお金を借りる

お金を借りれる状態のクレジットカードを持っていない場合には、カードローンが最短で借入できる近道になりますが、 銀行と消費者金融カードローンのどちらを選べばよいのか迷ってしまいますよね! まず、銀行カードローンですが、安心感が重要な方はこちらを選択されると良いでしょう。 お急ぎの方は消費者金融のカードローンがオススメですが、同時に安心感も重要な方は、銀行グループが運営している大手の消費者金融を選ぶのがポイントになります。 また、カードローンはクレジットカードでお金を借りるよりも金利が低めなのも見逃せないですね。

B国からお金を借りる

国からお金を借りるには手続きから支給までの期間に時間が掛かるので、急いでいる場合には不向きです。

5万円借りられる時に必要なもの

借入が50万円以上の場合には、「収入証明書」が必要な業者がほとんどです。 5万円でしたら、免許証などの身分証明証で借入できるので、便利ですね! ※

>> 5万円借入ランキングはこちら!

条件別でお金借りれる

【2大条件】 すぐ借りたい OR 銀行


自宅に居ながら簡単に5万円借りる方法は

給料日がもう少しというところで、財布の中身がほとんどないということがありますが、そんなときに限って病院に行かなければならなかったり、冠婚葬祭に出席しなければならないときは大変です。 どちらもお金を使わないわけにはいかないことなので、そんなときはどこかから5万円ほどを工面するようにしましょう。 5万円ぐらいなら、お近くの消費者金融や銀行などのローン会社に申し込めば、すぐに手に入れることが出来ます、急いで出かけなければならないときは、お店に立ち寄る時間もないことがあります。 そんなときには別の方法で申し込むようにしたいですね。 自宅に居ながら簡単に5万円借りる方法は、パソコンやスマートフォンを使って、カードローンを申し込むことです。 インターネットからですと24時間いつでも申し込めるので、申し込みフォームに入力してから送信し、審査結果が出るのを待つようにしましょう。 合格の判定が出れば、銀行振り込みや金融機関にあるATM、コンビニのATM等を利用して5万円を引き出すことが可能です。 返済するときも同じ方法で出来るので、近くにコンビニがあれば、これほど便利なことはありません。 返済するときは、出来るだけ早く終わらせたいので、低金利の会社を選んで借りることをおすすめします。 高金利の会社を利用すると、元本がなかなか減ってくれませんが、低金利の会社であれば、それほど時間をかけることなく、完済することが出来ます。

5万円借りられる:豆知識

みなし利息と利息制限法の上限利息の関係
利息制限法3条には、貸金業者が債務者から支払いを受ける元本以外の金銭については、ローンカード作成料や調査料、手数料等の名称を問わず、すべて利息とみなされるという規定があります。 みなし利息とは、本来の利息ではないけれど、この規定に基づき利息として扱われるものをいいます。 これにはどのような意味合いがあるかといえば、利息とみなされて有利に働くのは、お金を貸しつける債権者ではなく、お金を借りて弱い立場にある債務者のほうです。 利息制限法では、債権者が要求できる利息について上限を設けています。 貸し付ける業者はこの制限があるために、利息として要求できる金額には限界があります。 そこで、利息以外に借入手数料等の名目で利益を得るなど、法の網をくぐることがないよう、手数料も利息とみなすとしています。 利息とみなされることで、本来の元本に対する利息とそれ以外の手数料を含めた、債務者から得るあらゆるお金が、利息制限法による利率の上限の規制対象となるのです。 これにより、債務者は法律で定める上限利息を超えて、金銭を請求されることはありません。 この点、夜間や土日祝日、もしくは他行や提携ATMを利用する際のATM利用手数料については、この規制から除外されています。 ですが、その金額がいくらが適当なのかには議論があり、基本手数料に加えて休日に上乗せの手数料を徴収するばあいは、利息とみなすともいわれています。 そのため、多くの貸金業者や金融機関では、平成22年6月に利息制限法の改正で規制が強化されて以降、借入れの手続きについてはATM利用手数料を一律かつ一定額に抑え、利息制限法に抵触しないよう配慮がなされています。

関連ページ

最短で1万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで1万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
最短で2万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで2万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
最短で3万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで3万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
最短で10万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで10万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
最短で20万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで20万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
最短で30万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで30万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
最短で50万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで50万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
最短で100万円借りれる〜クレジットカード/カードローン編〜
クレジットカードやカードローンで100万円借りれる【ワンポイントアドバイス】をご紹介しています!
トップへ戻る